Yamamoto Ryu

株式会社Tier IV / ソフトウェアエンジニア

Yamamoto Ryu

株式会社Tier IV / ソフトウェアエンジニア

Yamamoto Ryu

株式会社Tier IV / ソフトウェアエンジニア

あなたも Wantedly で
プロフィールを作りませんか?

これまでの経歴を、あなたの想いや挑戦とともに表現しよう。

いますぐ作る

Tier IVで自動運転システムの開発をしています。 大学ではヒューマノイドロボットの運動制御システムを開発。インターン時代はPepperアプリやソフトウェアの開発、ROSを用いた自律移動ロボットの開発に取り組んでいました。

CITBrains

ヒューマノイドロボットが自律でサッカーを行う国際的なロボット競技会であるRoboCupに参加。主にロボットの歩行制御システムを担当していました。2015年にチームリーダーとして望んだ世界大会にて優勝。

未来

この先やってみたいこと

未来

屋外におけるロボットの自律移動システムの開発 強化学習を用いたロボットの動作獲得・実ロボットへの応用

2020年2月
-
現在

株式会社Tier IV

1 year

ソフトウェアエンジニア
現在

2020年2月 -

現在

自動運転システムの開発 Localization・Sensing

2019年6月
-
2020年1月

ロボットエンジニア

2019年6月 - 2020年1月

屋外で動作を想定した自律移動ロボットのソフトウェアを担当しています。つくばチャレンジ2019で完走を目指しています。

つくばチャレンジ

屋外での自律移動ロボットの実験会。主にロボットのソフトウェア担当

2018年4月
-
2020年1月

ソフトバンクロボティクス株式会社

2 years

ソフトウェアエンジニア

2018年4月 - 2020年1月

ロボットの自律移動システム及び検証用アプリケーションの開発

Choreonoidと実機通信

Pre-Calculated Preview Controlによる実時間歩行

RoboCupヒューマノイドロボットの歩行制御システムの開発

Choreonoid ROS Bridge

ヒューマノイドロボット制御向けオープンソースライブラリ

2018年3月

千葉工業大学院(Chiba Institute of Technology)

未来ロボティクス専攻

2018年3月

ヒューマノイドロボットの歩行制御システムに関して。RoboCup向けの小型ヒューマノイド向けに計算リソースを極力抑えながらフレキシブルな歩行を実現するための手法に関する研究

JVRC

シミュレータ上でロボットの災害救助能力を競う競技会への参加

2017年6月
-
2018年3月

ソフトバンクロボティクス

1 year

2017年6月 - 2018年3月

Pepperアプリ開発やハッカソン、イベントなどのテクサポなど。ROSを用いた自律移動ロボット開発も行っていました。

2015年4月
-
2018年3月

東京オープンソースロボティクス協会

3 years

Intern

2015年4月 - 2018年3月

ハッカソンのテクサポや技術ブログ作成など

2016年3月

千葉工業大学

未来ロボティクス学科

2016年3月

ヒューマノイドロボットの歩行時に脚関節にかかる負荷が左右で均等にかからずどちらかの脚の関節温度が上昇し歩行が不安定になる問題に対し、左右で重心軌道が非対称になるような軌道を温度差に基づき動的に生成するアルゴリズムを提案し、実装を行なった。

2012年

浦和実業学園高等学校

2012年


スキルと特徴

C++

0

Python

0

ハードウェア

0

vim

0

Git

0

Accomplishments/Portfolio

Choreonoidと実機通信

Pre-Calculated Preview Controlによる実時間歩行

RoboCupヒューマノイドロボットの歩行制御システムの開発

Choreonoid ROS Bridge

ヒューマノイドロボット制御向けオープンソースライブラリ

さらに表示