This page is intended for users in Hong Kong(Chinese (Traditional)). Go to the page for users in United States.
eスポーツのメディア編集者

熱狂するeスポーツの現場の声を届けるメディア編集者を募集!

ウェルプレイド株式会社

ウェルプレイド株式会社嘅成員

查看全部成員(6)
  • KADOKAWAグループにてIPを取り扱うプロデュース、株式会社マーベラスで海外向けスマートフォンゲームアプリプロデューサーを経て2015年11月20日に、eSportsに関する業務全般を行う会社「ウェルプレイド株式会社」立ち上げました。

    ストリートファイターシリーズが好きな格ゲー勢です。
    今年EVO参加しました。ときどさん素晴らしい。
    ザンギエフ使いで、アカホシって名前でやっています。
    昔2chでAAができたり、アルカディアに特集されたりしてます。

  • ウェルプレイド株式会社 
    テクニカルディレクター/デザイナー

    2016年11月よりウェルプレイドのデザイナーとして入社
    以降、esportsに纏わるクリエイティブ要素すべてを手掛けています。
    収録現場ではスイッチャー機材、音響機材、配信機材まで様々なポジションを担当。
    配信に至るまでの機材・構造を理解した上で、クリエイティブに携わり、クオリティを底上げすることが私の強みです。

    今後のesportsの拡大に、クリエイティブで貢献していきます。

    趣味はギターで、ギターメーカー「Ibanez」が主催するギターコンテストのセミファイナリストに選ばれました!

  • 代表取締役/COO
    2010年にモバイルゲームのディレクターに転向後、株式会社Synphonie(現:enish)に入社。
    ソーシャルゲーム「ぼくらのポケットダンジョン 2」、「魁 ! 男塾」等の開発・運営に従事。2014年に子会社であるenish KoreaのCEOに就任。
    2015年、ウェルプレイド株式会社を創立。

    esportsから生まれるドラマと熱狂を世に広めるべく、日々奮闘しております。
    2017年は毎年ラスベガスで開催されるEVOにも選手として出場し、1次プール抜けを果たしました。
    選手、観客、開発陣、全ての視点からesportsを捉えられることを最大の強み...

  • 原田 清士
    Creative/Stream Manager

What we do

  • esportsの大会運営における全てのソリューションを提供しています
  • 2019年8月には初の自社イベント「ウェルプレイドフェスティバル」を開催

ウェルプレイドはesportsの専門会社であり、「ゲームを続ける理由をゲームの外に作る」プロ集団です。

国内でも耳にすることが多くなった「esports」の領域において以下の3つの事業を中心に展開しています。

■esportsに特化した自社リーグ「WELLPLAYED LEAGUE」の運営 https://www.youtube.com/channel/UCoNykrSSjEM4oNhr7HeDKrg
■esports大会の企画、制作、運営
https://wellplayed.jp/works/
■esports専門メディア「WELLPLAYED JOURNAL」の運営 https://wellplayed.media/
■プロゲーマーやesportsのMC/キャスターのマネジメント事業
https://wellplayed.jp/management/

Why we do

  • ウェルプレイドのミッション・ステートメント
  • ウェルプレイドの主要3事業

僕たちがなぜウェルプレイドを立ち上げたのか。それは

・ゲームプレイに対する肯定を
・ゲーム観戦に熱狂を
・ゲームに、もっと市民権を

世の中に広くもたらしたいと思ったからです。

僕たちは様々なゲームや、ゲームプレイヤーが生み出すスーパープレイ・ドラマが、何にも変えがたい熱量を生み出していると考えています。ゲームが生み出す熱量を、サッカーや野球などのメジャースポーツのように世の中へ広めたい!その熱狂を生み出すプレイヤーを賞賛し支援したい!

そんな思いを本気で持ったメンバーが集まりウェルプレイド を設立しました。

How we do

  • 社員全員でラスベガスで開催されたEVO2018に参加してきました!
  • 現在は北参道オフィスをメイン拠点に、赤羽の自社スタジオでも制作〜配信を行なっています。

■メンバーについて
ウェルプレイドで働くメンバーは大会企画/制作ディレクター、現場のインフラやオンラインのクリエイティブを構築するテクニカル、メディアのコンテンツを企画、編集するエディター、ゲームパブリッシャーとの橋渡しをするプロデューサーなど様々な職種に分かれます。

またいろんなバックグラウンドを持ったメンバーが集まっています。

代表の谷田と高尾はそれぞれゲーム会社出身であり、ゲームセンターで凌ぎを削ったゲーム仲間でした。
(エピソードが漫画にもなっていますのでぜひご覧ください。 https://www.kayac.com/team/episode/viewer/11

他にもテレビ局でディレクターを務めていた人、元プロゲーマー、元裁判官、元鉄道会社、元パチプロなどが第一線でesportsを盛り上げようと日々仕事をしています。

■大事にしていること「6つの社訓」
ウェルプレイドで働くメンバーが大事にしている6つの社訓があります。

- ゲームを楽しむ
自分自身が、まずゲームを楽しむ心を持つこと。どんなゲームも楽しみ方を見つけることがプロフェッショナル。

- 常に賞賛の心を
仕事仲間や取引先でも素晴らしいプレイをした相手には、”well played" と伝え、学ぶ気持ちを持つこと。

- 自責思考
常に、まず自分がもっとできたことはなかったか、もっと良くすることをできなかったか。という思考を常に持つ。

- 優しい
他人に対して思いやりを持つことは難しい。優れている人は優しい。優しい人は優れている。

- 思想の言語化
「なんとなく」で語るのではなく、「意思や意図」を言語化することから議論は始まる。

- 遠慮isDEAD
モヤモヤしていることを後回しにしても得することはない。何でも言い合えるという世界を全員で作る。

6つの社訓は評価基準の項目にもなっており、「ウェルプレイドっぽさ」をメンバー全員が100%体現できるように頑張っています。

■ゲームとの関わり方
ウェルプレイドで働くメンバーにとってゲームは仕事の一つでもあります。そのため日中の営業時間中でもゲームしている人がたくさんいます。

ゲームが好きだからゲームをするのか?それもありますがお客様とお仕事するにあたってお客様のゲームのことを理解しているかがとても重要だと考えているからです。

ユーザーの目線、メーカー様の目線。どちらの立場にたったとしてもゲームの楽しさや重要なポイントを理解していないと、そのゲームでの企画や良い部分が引き出せないと我々は考えています。

ゲーム会社さんのプロモーションや、ユーザー参加型のイベントや大会が仕事の多くを占めている弊社は、必ずお受けするゲームについてもきちんとやりこむ。を徹底的にやっています。

30分しか遊んでいない人と、30時間遊んだ人の企画提案のどちらが優れているかなど比較をすることはありませんが、そのゲームの楽しみ方や面白さを知っている人間が一緒にお仕事させていただけるようにすることが、ウェルプレイドとしての一つのポリシーとしています。

說明

▼WELLPLAYED JOURNALについて
熱狂を生み出すeスポーツプレイヤーを賞賛し支援したい!という思いを本気で持つメンバーが集まって設立したWellplayedでは、この想いを実現させるための取り組みの1つとして "WELLPLAYED JOURNAL"というeスポーツ専門メディアを運営しています。
「選手とファンと一緒にesportsの文化を創造する」 をテーマ掲げ、活躍する選手やファン、esportsに関連する企業の声などさまざまな情報をほぼ毎日発信しています。
https://wellplayed.media/about/

▼具体的にお願いしたいこと
ご担当いただく編集の主な業務は、
・記事の企画
・取材交渉
・インタビュー
・各種esportsイベント取材
・原稿作成

ライターさんの発注業務や、カメラマンさんへのディレクション業務を担当いただきます。
また、編集の業務以外に、配信や大会運営といった業務のサポートを行うこともあります。


▼実現のために必要だと考える経験/スキル/その他
[経験者募集の場合]
【必須】
・ゲームメディアの編集経験2~3年以上(esports関連の記事の編集経験があれば尚可)
・インタビュー記事の作成経験10記事以上
・UUなどWebメディアで重視する指標に関する基礎知識(主にGA上)
【あれば歓迎】
・ゲーム以外のメディアでの編集経験
・やりこんでいるゲームがある
・ゲームコミュニティに詳しく、人脈がある

[未経験者も可の場合]
【必須】
・ツイッター、インスタグラムなどのSNS運用経験
・やり込んでいるゲームがあり、関連ゲームコミュニティの理解と人脈がある
・メディアでのライター経験(個人ブログや個人ツイッターは対象外)

【あれば歓迎】
・ゲームメディアの編集経験(esports関連の記事の編集経験があれば尚可)
・インタビュー記事の作成経験
・UUなどWebメディアで重視する指標に関する基礎知識(主にGA上)

▼企画・アイデア次第でこんなことできます
活躍中の現役プロ選手に直接話しを聞いて、記事として発信していただきます!選手のみならず、キャスターやタレントなどのeスポーツに関係する「人」にフォーカスした記事制作を通して、さまざまな角度からeスポーツを取り上げていただきます!
大会・イベントなどeスポーツの最前線で、生の現場を体験・見ることができます!
リーグやマネージメント事業との連携で、eスポーツビジネスに直接関わることができます!
WP社内にはゲーム好きのメンバーが多数おり、日常的に行われている社内対戦や大会に参加できます!

▼編集部スタッフ紹介
編集部Mako(東京都出身・27歳)
[略歴]
学校卒業後、ゲーム攻略サイトの編集業務を始める。その後、スマホゲームの情報サイトへライターとして転職。そこでの実力が認められ、編集者として登用される。その後、持ち前の機動力とモンストの知識を利用して、WELLPLAYED JOURNALにモンストのチームインタビューを寄稿。これをきっかけに本格的にeスポーツに魅了され、2018年9月にWellplayedに入社。現在は、WELLPLAYED JOURNALの主力編集者の1人でもある。

[WPJ編集者の魅力]
「あの選手って、実はこんな人なんだよ」「このゲームのeスポーツシーンが熱いから知ってほしい!」
選手が輝くために自分がやりたい企画を実現できて、しかもeスポーツに熱狂する編集部以外の社員も協力してくれる環境がWELLPLAYED JOURNALの強みです!
プロゲーマーのことがもっと好きになる。そんな仕事です。

▼その他
ウェルプレイドは創業から変わらず「esports専業」という軸をぶらさずに会社運営を行なってきました。専業で続けてこられた背景には「日本にesports文化を作っていきたい」という想いが1番にあり、その上で

・何に取り組むべきかの仮説立て
・達成すべき成果と数字への落とし込み

をしっかりと行なってきたからだと考えます(面白そうだからやってみる!も多々ありますが)

そのため、編集のポジションであっても記事を書いて納品をするだけでなく「esports文化をつくるために何をすべきか」から考え、仮説〜検証〜改善といったサイクルを自身で回していける方をウェルプレイドでは求めています。また、編集業務に限らずWELLPLAYED JOURNALのあるべき姿を考え、仲間と一緒にメディアを成長させるアイディアを出し続ける方と一緒に働きたいと思います!

熱門文章

職位詳情
我哋搵𡁵 eスポーツのメディア編集者
工作性質 Mid-career
公司詳情
創辦人 谷田優也/高尾恭平
成立於 十一月, 2015
職員人數 有35個成員
行業 エンターテイメント

推薦(10)

推薦(10)

地點

東京都 渋谷区千駄ヶ谷3-13-7 原宿OMビル2F