This page is intended for users in Hong Kong(Chinese (Traditional)). Go to the page for users in United States.
プロダクトマネージャー

世の中の根本的な課題解決に向き合うプロダクトマネージャー募集!

株式会社LITALICO

株式会社LITALICO嘅成員

查看全部成員(3)
  • 2012.4: employment of new graduates as Engineer at LITALICO Inc.
    2012.4 - 2013.4: Launch new web service named famiyell (https://famiyell.net).
    2013.7 - 2014.4: Launch new private school named Qremo (http://qremo.jp) .
    2014.4 - 2014.07: Recruiting engineer and Development Education and Health Ap...

  • 2014年4月LITALICO新卒エンジニアとして入社。
    ITものづくり教室「LITALICOワンダー」での講師・教材作成、エンジニアの新卒採用を経験。
    子育てメディア「Conobie」の立ち上げ、開発、運用に従事。
    うつ病症状の予防と回復、再発防止をサポートするコミュニティサイト「U2plus」の開発、運用に従事。
    発達障害を持つお子さまの親御さま向けのポータルサイト「LITALICO発達ナビ」の立ち上げ、開発、運用に従事。

  • 名古屋工業大学大学院卒業後、LITALICO新卒入社。エンジニアとしてプロダクト開発に携わりながら、新卒エンジニアの採用も担当している。
    大学院での専攻とは異なったため、プログラミングは未経験からはじめている。

What we do

  • Edd876dd 8596 48c8 99ff b1c30f9d0966?1556063364
  • 346e01aa bc37 4ddd 9861 066c0754bf19?1556063364

株式会社LITALICOは、全国に約100教室あるソーシャルスキル&学習教室「LITALICOジュニア」(https://junior.litalico.jp/)を運営しています。

幼児から高校生までを対象に、生きる土台となる力の獲得を目指し、生活スキルやソーシャルスキル、基礎学習を学べる教育を提供する教室です。
先生が子ども一人ひとりをアセスメントし、その認知特性や課題に合わせて個別指導計画を作成。子どもたちは自分だけのオリジナルカリキュラムに基づいて授業を受けます。

教室には約10000人が通っており、定員はほぼいっぱいで約10000人のお子様が空きを待っています。

LITALICOジュニアでは、元保育士や元幼稚園教諭の方などが指導員としてたくさん活躍しています。幼児教育や保育について学ばれている学生さんも、非常勤の指導員としてご活躍いただいています。

Why we do

  • B6c24050 4072 42e9 a466 abf71dd0bf0e?1556063364
  • 196f9ab3 e896 4e70 b29a f36312e49dfb?1556063365

<一人ひとりに合った学びを提供する、地域の教育資源を増やす>

文科省の調査によると、学習面または行動面で著しい困難を示す児童は6.5% 。
LITALICOでは、この課題に学校という教育のしくみだけで対処していくのは難しいと考えています。

実際に、発達が気になるお子さんが通う「放課後等デイサービス」は、2012年に制度がスタートしたときの利用者数51,678人から、2016年7月には139,718人になっており、現在まで利用者数は急速に増えています。(厚生労働省統計情報「障害福祉サービス等の利用状況について」より)

また、待機児童の数に対しての施設数が足りず、社会的ニーズの高い事業となっています。

LITALICOは地域に多様な教育資源をつくりだし、それぞれの資源が連携し合うことで、一人ひとりにあった学びが選択できる地域社会を共につくることを目指しています。

說明

社会の側に多様な生き方を実現するサービスや技術があれば、さまざまな生きづらさや困難はなくしていける。

LITALICOはそう考え、これまで働くことや学ぶことに困難のある人々向けの事業を展開してきました。そこからさらに発展して子供たちの強みや個性を伸ばすことに注力したIT×ものづくり教室も立ち上げ、多様な人たちが活躍できる障害のない社会の実現にむけて、事業領域を広げてきました。

そして2015年からは、住んでいる場所や時間に関係なく、いろいろな生きづらさや困り感を抱えている人に正しい情報を届けたいとインターネット事業を立ち上げ、現在3つのプロダクトを運営しています。

・LITALICO発達ナビ(https://h-navi.jp/
・LITALICO仕事ナビ(https://snabi.jp/
・Conobie(https://conobie.jp/

私たちが届けるコンテンツは、一般消費財やサービス情報とは異なります。障害に関することはもちろん、子育てや教育、就職といった周辺領域に関連する情報発信がメインになります。

質の高いコンテンツをつくるのは大前提で、それを継続的に届けていくためにマネタイズはどうするか、「障害のない社会をつくる」というビジョンとプロダクトの思想はマッチしているか、この3つのバランスを考えていかなければいけない非常に難しい領域です。

そして私たちには多くの人に届けたいサービス、作りたいプロダクトがまだまだたくさんあります。そのため、一緒にこの難しい領域にチャレンジしてくれるプロダクトマネージャーを募集します。

LITALICOの強みは、全国に店舗事業を展開し自分たちも直接支援を行っていることです。新機能をリリースしたり新プロダクトを立ち上げたりする時は、エンジニア自ら現場に足を運び、実際に支援スタッフやお客さまにユーザーインタビューを行いながら、「そのひとり」の困難を解決するプロダクトをつくっていきます。

難易度は非常に高いですし、ものすごく利益率の高いビジネスモデルを生み出すのは難しいかもしれませんが、一人ひとりの人生を変えることができる誇り高いプロダクトです。自分の技術で世の中の根本課題を解決することに少しでも興味がある方は、ぜひご応募ください。

#こんな人に向いてます
・一人で0からプロダクトを作りきることができる
・自分と違う立場、職種の人と協力しながら同じ目標に向かって進むのが好き
・わからないことが多い方が楽しいし燃える
・不確定な情報が多い中で自分で仮説を立てて検証するのが好き

#(いろんな人と協力しながら)こんなことやります
・プロダクトのコンセプトづくり
・半期ごとのロードマップ作成
・ロードマップに沿ったKPIの設定
・カスタマージャーニーマップの作成
・プロダクトライフサイクルの管理、実行
・マーケティング戦略立案
まとめると顧客価値が最大化するためにやれることは全部

#チーム体制
プロダクトごとにチームが分かれており、プロダクトマネージャーはすべてエンジニアが務めています。
1プロダクトあたり3人〜6人のエンジニアで開発を行なっており、他の職種の人たち席を並べて仕事をしています。エンジニアが企画やコンテンツの内容について提案をすることもあれば、ビジネスサイドからサイト構成について意見をいうこともあり、職種の垣根はあまりありません。

#使ってる技術
・Ruby、Ruby on Rails、
・Unity、C#、Kotlin、Java、Swift、React
・AWS、Docker、Redash、BigQuery

# LITALICO Engineersをもっと知りたい方はこちら
・執行役員CTO 岸田のブログ「デジタル世代のものづくり」
http://asagao.hatenablog.jp/
・Qiita LITALICOページ
https://qiita.com/organizations/litalico/activities

熱門文章

職位詳情
我哋搵𡁵 プロダクトマネージャー
工作性質 Mid-career
公司詳情
創辦人 長谷川敦弥
成立於 十二月, 2005
職員人數 有1925個成員
行業 情報通信(Web/モバイル) / 人材・介護・サービス / 教育・研究

推薦(3)

推薦(3)

地點

東京都目黒区上目黒2-1-1 中目黒GTタワー16F

Page top icon