1
/
5
This page is intended for users in Hong Kong(Chinese (Traditional)). Go to the page for users in United States.
中級職位
データサイエンティスト
於2019-05-21 瀏覽次數 974

データ分析から飲食店経営を変えるデータサイエンティストを募集!

株式会社トレタ

株式会社トレタ嘅成員 查看更多

  • 元は免疫学を主に研究してましたが、使用した統計知識と大規模分散処理スキルを活用して
    飲食メディアに転職。そこで飲食という大規模な市場と古い産業の改革に魅力を感じ、それからは飲食を支えるベンチャー企業を中心にデータサイエンティストとして貢献させていただいております。

    トレタではデータチームの初期メンバーとして参加し、社内のデータ基盤をゼロから構築し、飲食店の混み具合予測、チャーン予測、画像認識、音声認識、飲食店の配席を補助する最適化モデルなどのツールを構築してきました。

    エンジニアスキルとしては幅広く
    *VPCレベルからKubernetesの導入
    *データを収集するためのログ設計
    *デ...

  • VPoE
    2009年 株式会社日本システムラボラトリ入社。生体認証システムの研究開発に携わる。 (NECで指紋と虹彩認証周りを担当)
    2012年 KLab株式会社入社。ゲーム事業を中心にリードエンジニアとして広く開発に携わる。 (開発領域的にはインフラ≒AWS、サーバー開発、iOS・Android開発、Unity開発、直接開発以外だとテックリード、エンジニアリングマネジメント、プロジェクトマネジメントなど)
    2018年 株式会社トレタ入社。現在VPoEとして開発組織のマネジメント責任者を務める。 (一応サーバーサイドAPIの設計・開発も担当)

  • トレタでサーバーサイドのアプリケーション開発を担当しています。

    過去にはモバイル向けのゲームやWebアプリケーション開発、前職ではブログサービス、CMS サービスの開発にフルスタックな形で関わり、インフラ、サーバーサイド、フロントエンドの業務経験を積み上げました。

    それらの経験も生かしながら今後&トレタではサーバーサイドアプリケーションの設計・開発に集中し深く深く潜るべく日々試行錯誤しています。

    デザインパターン、DDD などの設計技法や技術に興味があります。

  • トレタでは人事を担当しています。採用、総務、労務など

What we do

  • 飲食店向け予約/顧客台帳管理サービス「トレタ」
  • ユーザーと飲食店、双方の利便性を実現/最短10分後、直前予約アプリ「トレタnow」

・飲食店向け予約/顧客台帳管理サービス「トレタ」
「トレタ」は、高級レストランや居酒屋などあらゆる飲食店の予約を、簡単・便利に管理ができるサービスです。これまで飲食店のスタッフが予約管理に費やしてきた多くの時間が「トレタ」によって大幅に短縮が可能です。「トレタ」は店舗経営に不可欠なオペレーションの効率化をサポートすると同時に、これまで最も情報化の遅れていた飲食業界のIT化を急速に普及させる核となるサービスを目指します。「トレタ」のリリースから約6年、導入店舗数を伸ばし、予約台帳サービスで業界シェアNo.1(2018年5月 soraプロジェクト調べ)を獲得後も、継続率99%の信頼を頂いています。

・飲食店向けBPOサービス「トレタコンタクトセンター」
「トレタ コンタクトセンター」は、電話受付業務をはじめとする架電業務の一部を飲食店に代わって引き受けるサービスです。専任のコンサルタントを配置し、飲食店の電話受付業務の実態を綿密に理解した上で、飲食店ごとにカスタマイズした最適なコールオペレーションを構築しており、予約のダブルブッキングや機会損失を最小限に抑えた予約管理を実現します。

・超直前予約サービス「トレタnow」
「トレタnow」は、最短で10分後に入れる飲食店を予約できるサービスです。アプリを立ち上げ、人数を選択し「近くのお店を探す」をタップすると、入店可能な飲食店の情報が表示されます。お客さまはアプリ起動から最短3タップで予約ができ、飲食店は当日の空席を埋めることが可能になりました。お客さまの突発的な飲食店予約のニーズと飲食店の空席在庫のマッチングを自動で行い、お客さまと飲食店双方の利便性の向上を目指します。

・飲食業界のIT化を牽引する様々な新機能を開発
各社のPOSシステムと連携する「トレタPOSコネクト」、各グルメサービスからの即時予約や実績管理を実現する「トレタメディアコネクト」、小型CTI端末「トレタフォン ボックスタイプ」のハードウェア開発などもリリースしています。

Why we do

〜食の未来を、アップデートする〜
トレタは飲食業界の課題をテクノロジーで解決し産業改革を目指すVartical SaaSです。
私たちの使命は、情報化から取り残された飲食業界をアップデートし、 そこで働く人たちが活き活きとやりがいをもって働ける環境を取り戻すことで す。 テクノロジーを使って、現場の仕事を支え、外食産業をよりよく変え、より豊かな食文化を作ることを目指しています。

バーティカルSaaSとしてのトレタ/代表取締役 中村仁
https://note.com/hitoshi/n/n26bd287da5b2

How we do

トレタには自分たちをアップデートする5つの原則があります。

1.主語は「自分」
自分が変えられるのは「自分」だけ。それは普遍的な事実だ。会社を支えるのも、事業がうまくいくかも「自分」次第。結果を全て引き受ける。トレタはそんなたくさんの「自分」の集合体だ。本気の覚悟を持つ「自分」が多いほど、トレタは成長できる。批判や許諾ではなく「自分」で動く人だけが成長できる。原点は他責でなく自責。本当にやりがいのある仕事は、自責から生まれるのだ。

2.信頼を紡ぐ
トレタのサービスは長く使ってもらうほど、真価を発揮する。私たちの成功も成長も、全てはそこから生まれる。つまり私たちの事業の根幹は「信頼」だ。今、自分が起こそうとしている行動は、伝えようとしている言葉は、飲食店さま、パートナーさま、そして仲間との信頼につながるだろうか?いつも自分に問いかけよう。

3.徹底的にやり抜く
私たちは、誰も実現できなかったことを実現していく。道なき道を進む。心を奮い立たせて挑戦し、失敗し、学び、適応し、試行錯誤を続ける。大切なのは、失敗しても諦めずに挑戦し続ける「執念」だ。挑戦を讃え、失敗を愛そう。徹底的にやり抜こう。失敗は終わりなき成功への過程なのだから。

4.違いを尊重する
私たちはみな、価値観も個性も違う。飲食店も同じく、多種多様だ。そして、本当の豊かさとは「多様性」であることを、私たちは知っている。だからこそ、私たちは違いを愛するチームになろう。相手の立場を尊重し、相手の正義を理解する。多様性と、そこから生まれる化学反応こそが、新しい「何か」を生み出す土壌となるのだ。

5.シンプルであれ
世界はますます複雑になり、外食産業も複雑化を深めている。複雑な課題を解決するのは、シンプルさだ。だから私たちは、シンプルさを追究し続ける。飽くことなくWHYの問いを重ね、課題の「本質」を掘り起こす。トレタは、複雑な課題を美しくシンプルに解決していくチームだ。

As a new team member

トレタに蓄積されたデータ、ログを分析し、サービスの改善や機能提案、飲食店さまやお客さまの分析などを行っていただきます。

トレタがサービスを開始してから4年弱。その間に3,000万件の予約、のべ2,300万人の予約者の情報が蓄積されており、導入店舗数の増加や、機能連携により、データ量はますます増大傾向にあります。さらに「POSコネクト」や「メディアコネクト」などの機能連携で得られる付加情報によりデータは多次元化しています。これらの蓄積されたデータは「トレタマネージャー」を通じて集計・分析結果をお客様に提供しており、経営の見える化や改善に必要な情報として活かされるようになってきました。

現状の集計・分析方法だけでなく、複雑化し多次元化した新たな視点のデータとして飲食店経営に活かせるデータの提供が可能ではないかと考えています。

例えば、「来店回数」の分析では、予約回数別の件数だけでなく実際に注文されたコースを含めて「リピート率の高い(低い)コース」といったような分析が提供できれば、コース料理の改善やロイヤリティの高い顧客の獲得へ繋げられる可能性を広げたり、「予約経路」の分析では、予約件数内の比率だけでなくリピート率や来店単価、コース、人数など複数の値をかけ合わせた複雑な分析ができるようになれば、より最適な広告出稿やメディアの選択が可能になると考えています。

上記をはじめとしたさまざまなアイデアや仮説をサービスとしていち早くお客様に価値提供できるように、これらの可能性を検証し課題の解決、新しい価値の提供実現に向けて一緒に働いて頂ける方を求めています。

<具体的には>
・自社サービスの改善や機能、ビジネス戦略の提案
・データの探索、前処理
・機械学習モデルの作成及び検証(例:https://ds.toreta.in/report/107/
・仮説を元に顧客の行動を解析し、調査結果を理解しやすいストーリーに変換する
・重要な指標を定義および評価し、それらの指標を動かす起因の調査及びそのメカニズムの解明
・分析結果の再現性を保ちつつ、アクセスしやすい環境の構築
・データの民主化及び社内のリテラシー強化

▼必須スキル・経験
・データサイエンティスト実務経験
・機械学習 / 統計学に関する専門的な知識
・RDBMS / SQLに関する知識
・Google BigQuery それに類するデータストアの利用経験
・R / Python を用いたプログラミング経験

▼歓迎スキル・経験
・Web アプリケーション開発経験
・画像認識 / 音声認識 / 自然言語処理経験
・Ruby / Ruby on Rails / Node.js / Clojure / Kubernetes の利用経験
・OSS プロジェクトへの参加経験
・データ分析に関するコンサルティング経験、企業への提案経験
・飲食業界への興味・経験

▼求める人物像
・事業戦略を理解し、分析、解決策を考察できる方
・難しい問題に当たっても解決策を考え、当事者意識を持って動ける方
・既存のソースコードやデータベースと直接触れ合うのに抵抗感を持たない方
・とことん掘り下げる探求心をお持ちの方
・チームとしての協働を追求出来る方

熱門文章

働く場所に自由を。地方在住勤務制度を導入しました!
【SmartHR代表 宮田昇始さん×TORETA代表 中村仁 対談】コロナの影響から創業期の苦悩まで
創業7周年を迎え、気持ちを新たに。オンライン配信で7周年イベントを開催しました!
其他用戶唔會知道你對其他公司有興趣
4個推薦
公司詳情
株式会社トレタ
  • 成立於2013/07
  • 有157個成員
  • 正在擴充海外業務 /
    獲得超過$300,000資金 /
    在Techcrunch上推廣 /
    獲得超過$1,000,000資金 /
  • 東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル 8F
  • データ分析から飲食店経営を変えるデータサイエンティストを募集!
    株式会社トレタ