1
/
5
This page is intended for users in Hong Kong(Chinese (Traditional)). Go to the page for users in United States.
中級職位
Railsエンジニア
於2020-03-25 瀏覽次數 293

自社クラウド設計・開発で業界の次世代スタンダードを創るRailsエンジニア

株式会社Leaner Technologies

株式会社Leaner Technologies嘅成員 查看更多

  • 1993年生まれ。
    慶應義塾大学在学中、水泳三昧の3年間→飛行機を運転するためArizona State Univ. Aviationに編入→慶応に戻り2社スタートアップに創業メンバーとして参画 。
    慶應義塾大学卒業後、2016年にA.T. Kearney 株式会社に新卒入社。
    2019年に株式会社Leaner Technologiesを創業し、代表取締役CEOに就任。

    趣味はキャンプ、旅行、マリンスポーツなど。
    誰かと何か新しいものを創ったり、見たり、体験したりすることが好きです!

  • 複数のメディア系スタートアップのシステム開発・事業成長をサポートしながらWebシステム開発にてサーバーサイド・フロントエンジニアとして、バーティカルSNS、Saas型広告ツールを開発。
    Saas型広告ツールでは、設計・サーバーサイド・フロントエンドまでを担当。 日本企業のコスト削減/競争力強化をテクノロジーで変えていくLeanerの事業に共感し、2019年2月、株式会社Leaner Technologiesに創業メンバーとして参画。

    趣味は食べ歩き、旅行です。

  • ●新卒では、A.T.カーニーという外資系の戦略ファームに入社し、マネージャーまで昇進。消費財、通信、金融機関などを中心に、新規事業、DX、ストラテジックソーシング、BPRなど、幅広いテーマに従事
    ●企業の"当たり前の水準"を高め、日本企業の収益性の向上・競争力の強化を実現すべく、間接費の見える化・コスト削減SaaSを提供するLeaner TechnologiesへCOOとして参画
    ●小中高まで12年野球部、大学ではラクロス部に所属しており、スポーツ好き。趣味は食べ歩きと海外旅行✈️

  • 東北大学在学中、株式会社BrandingEngineerにて創業期より参画。
    大学卒業後、2016年株式会社リクルートジョブズに新卒入社。主にタウンワークネットのプロダクトプロデューサーとして商品企画・戦略を担当。2018年より求人メディア・ATSシステムなどHRを横断したプロダクトの戦略推進を担うPMOに従事。2019年3月株式会社Leaner TechnologiesではHR担当として参画。

    趣味はボードゲーム、サイクリングです。

What we do

  • Our First Goal

【家計簿アプリを使うのと同じように、会社の支出もかんたんに管理する支出管理プラットフォーム】

私たちLeaner Technologiesは、コスト削減のための支出管理プラットフォーム「Leaner」を運営しています。

「Leaner」は、これまでのエクセル管理・ERPシステムでは知ることのできなかった、費用ごとの支出状況、支出管理レベルをスコアで可視化。
機械学習と購買ビッグデータに基づく分析から、削減可能なコストを特定し、最適なアクションをアドバイスします。
もちろん、めんどうな打ち込みやデータクレンジングは一切不要。
まさに、コスト削減の“最適手法”。「Leaner」は、かんたん・だれでも使えるツールで、企業のコスト管理水準を劇的に改善します。

https://leaner.jp/

【単なるシステムではなく、プラットフォームとしての役割を提供】
「Leaner」は複数の会計システムとの連携により、シームレスに間接費の見える化を実現可能にします。
それにより、「いつ」「誰が」「何に」「どれくらい」の支出が行ったかが把握でき、その総額が適正かどうかを購買ビッグデータを元にベンチマーク比較することが可能です。
クライアントにとって良いサービスを提供できるサプライヤーはシステム内で参照可能。
単なる業務改善・効率化のシステムとしてではなく、クライアントやサプライヤーにとって、間接費領域のプラットフォームとして機能しています。

【今後の展開について】
2020年6月、さらなる事業成長に向けて3億円の資金調達を実施しました。
サービスをフルリニューアルし、スケールさせていくフェーズに突入しています。現在数十社と取引を行っていますが、これからの1年で100社以上に増やしていく予定です。

まずは、日本のすべての企業の支出が適正化される仕組みを作ることを最優先課題とし、「Leaner」を通して日本中の企業の支出を管理し、最適な調達・コスト削減を行える状態をつくっていきたいと考えています。

★ICCサミット KYOTO 2020「スタートアップ・カタパルト」で優勝しました!
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000023.000044088.html
2020年9月1日に京都で開催された国内最大級のピッチイベントにて、注目のスタートアップ企業14社がプレゼンテーションを行い、当社が優勝いたしました。

★当社についての紹介資料です。ぜひご覧ください!
https://speakerdeck.com/leaner_tech/leaner-company-profile

Why we do

【ミッションは「日本中の経営をLeanにする」】

現在、多くの日本企業は、
“コストを下げたいがやり方がわからない”経営者と、アクションと成果が結びつきにくいために“コスト削減には興味がない”現場の間でコンフリクトが生じており、コスト削減が進みづらい状況にあると考えます。
そこで「Leaner」を導入することで経営者は“問題の所在”・”アクション”、現場は“評価基準”、“結果”が明確になるため、間接費管理のPDCAが進展します。

そこで支出管理を適正に行うことによって、この問題を解決し、将来的に「日本中の経営をLeanにする」ことを目標と掲げました。

【ブラックボックスになっている日本の支出管理市場を透明化する】
支出管理として管理する対象は、コピー用紙からシステム機器、ボールペンなどの消耗品に至るまで多岐にわたります。
いわゆる総務や経理といったバックオフィス領域のメンバーがさまざまな商品・サービスを調達し、経営企画や管理部でこの費目の支出を管理しています。
世界の支出分析市場は2019~2026年まで16.9%の成長率で伸長し、市場規模6,000億円と言われる巨大市場。
先行する欧米では、直近の10年で支出管理システムがこれまでのエクセル・ローカル管理脱却を図り、圧倒的成長を遂げています。
しかし、日本においては、グローバル企業や大企業のみがコンサルに依頼して見直しを行っているに止まり、多くの企業でブラックボックス化しているのが現状。
そこで私たちはテクノロジーで、経営層や現場の支出管理担当者が抱えている課題を解決したいと考えています。

そんな私たちと一緒に正しさを追求し、仕組みを創造してみませんか?

How we do

私たちLeanerは現在、代表含め10名。創業メンバーは全員が起業・経営経験を持っています。例えば、外資コンサルマネージャー・アソシエイト、上場企業副社長、人材系最大手プロダクトマネージャーなど。多様なバックグラウンドを持つメンバーと互いに刺激を与えあいながら、失敗を恐れずに日々挑戦できる。スタートアップならではの面白い段階に関われるチャンスがあります!

今後の事業拡大には、「私たちと一緒に興奮し、わくわくできる」、そんな仲間が欠かせません。この1年で20名規模まで増やしていく予定ですので、事業自体をグロースさせることにも興味を持ち、Bizメンバーとも議論をしながら、主体的にぐんぐん業務を引っ張ってくださるメンバーを新たに探しています!

【働く環境について】
・フレックス制
・シードフェーズのため0→1の事業づくりに携われる
・起業経験・経営経験のあるメンバーと協働できる
・ストックオプション付与
・屋内の受動喫煙対策あり(禁煙)

一人一人の成長志向がとても強く、全力で物事に取り組める環境が揃っている当社!だからこそ、成長意欲が高い方であれば、チーム内はもちろん、他メンバーからのフィードバックも受けながら改善し、成長し続けることができます!

As a new team member

【少数精鋭のスタートアップの今だからこそ、経営陣と近い距離で直にプロダクト開発に関われる環境】
間接費管理クラウド「Leaner」を通して、間接費の取扱金額を2020年内に700億円、2021年内には2500億円を目指している私たち。今回は「Leaner」の設計・開発を担うプロダクト開発チームのRailsエンジニアを募集!自分が手掛けたサービスが、企業の総務環境を改善する一手となる、やりがいある仕事に取り組めます。

また、2019年には3度の資金調達を完了し、技術投資に力を入れている環境なので、理想のエンジニアリングに注力できます。メンバーと協働してプロダクトを改善しながら、自社の開発力を高め、お客様によいよいサービスを提供していきましょう!

【主な業務内容】
「Leaner」を導入いただいているクライアントの課題解決に向け、以下の業務にあたっていただきます。
■Ruby on Railsを用いた、「Leaner」の設計・開発
■要件に応じたAPIやWebアプリケーションの設計・開発・サービスの運用
■パフォーマンスチューンや品質改善・維持のための施策

【必須要件】
・Ruby / Ruby on Railsを用いたWebサービスの開発経験がある方(目安3年以上)
・AWSなどクラウドを利用したインフラ構築およびDevOps-AWS CodePipeline、CircleCIなどの経験がある方
・Gitを用いたチームでの開発経験がある方

【歓迎要件】
・AWSの経験(EC2、RDS、S3、CloudFrontなど)

【求める人物像】
・開発だけにとどまらず、当社が行うビジネスに関しての興味度合いが高い方
・設計や開発における課題を解決に、自身のリソースを最大限割くことをいとわない方
・BtoBのSaaSモデルに関する将来性を評価している方
・コスト管理領域についての将来性や意義を感じることができる方

【利用している技術】
■言語:Ruby、JS
■フレームワーク:Ruby on Rails、Vue.js
■バージョン管理など:Git、GitHub
■CI環境:Circle CI、SideCI、CodeCov
■インフラ:AWS
■データベース:MySQL

現在開発を手掛けるメンバーは、エンジニア1名と業務委託エンジニアが数人。今後、より強固なエンジニアチームとなるため、組織構築や業務委託メンバーのマネジメントもお任せします。
拡大フェーズの面白い段階ですので、興味を持っていただけましたら、お話を聞きに来ていただけると嬉しいです!

熱門文章

パーソルキャリア(旧・インテリジェンス)を卒業して、Leanerにジョインしました!
[入社エントリー ~vol.4~]日産からSaaSスタートアップを経て、Leanerで戦うことを決めた話
[入社エントリー ~vol.3~ ]Biz系総合職に贈る、リクルート入社後に結婚して家も買って子供も生まれてから創業1年のスタートアップへ転職する話
其他用戶唔會知道你對其他公司有興趣
0個推薦
公司詳情
株式会社Leaner Technologies
  • 成立於2019/02
  • 有10個成員
  • 獲得超過$1,000,000資金 /
    員工平均年齡為20多歲 /
    CEO懂得程式編碼 /
    獲得超過$300,000資金 /
  • 東京都港区六本木5-2-5
  • 自社クラウド設計・開発で業界の次世代スタンダードを創るRailsエンジニア
    株式会社Leaner Technologies