1
/
5
This page is intended for users in Hong Kong(Chinese (Traditional)). Go to the page for users in United States.
中級職位
DevOps Engineer
於2020-05-25 瀏覽次數 495

大規模車両データ処理を支えるインフラのリードエンジニアを募集!

Global Mobility Service株式会社

Global Mobility Service株式会社嘅成員 查看更多

  • SIerで11年ほど働きました。9年間は金融機関向けのCRMシステム開発に携わり、アプリ開発チームのメンバーやリーダー業務を担当しました。Webアプリやモバイルアプリ開発を経験しました。
     その後の2年間は、研究開発部門において、開発技術をテーマにした業務に従事しました。アジャイル開発やパブリッククラウドを用いた開発といった新技術を普及させるための活動に貢献しました。
     SIerから転職したのちにモビリティのスタートアップ企業でWebエンジニアとして働いています。主にバックエンド、インフラ周りを担当しています。
     新しい技術にアンテナを張りながら、より良いチーム開発の実践を心がけています。

  • 車載機の組み込みソフトウェア(Linux及びAndroid)の開発やってました。
    インフラエンジニア始めました。

  • WebエンジニアとしてNode.js、Vue.jsを触っています
    サーバーレスアーキテクチャを練習中

    開発系の業務の他に、海外にある現地法人のサポートエンジニア/窓口対応的な役割をしています

  • SierからWebエンジニアになりました。

    現在、バックエンドをメインに開発しております。

What we do

  • 社内での開発の様子
  • 独自開発の車両遠隔制御デバイス「MCCS」

【世界各国の社会課題解決】
私たちGlobal Mobility Serviceは、貧困や環境汚染など世界の様々な社会課題の解決に向け、フィリピン、カンボジア、インドネシアをはじめとするASEAN各国や日本で事業を展開しております。

【取り組みの評価】
国連の掲げるSDGsの一丁目一番地の「貧困をなくそう」をはじめ、17項目中7項目がGMSのビジネスそのものに含まれており、この社会課題への取り組みが評価され、2019年にはグッドデザイン金賞、2020年には経済産業大臣賞などを様々な賞を受賞しています。

★GMSの取り組みの様子を説明した動画をこちらからご覧ください。
 https://youtu.be/i9EN5xvtszI

★当社の取り組みが朝日新聞で紹介されました。
 https://www.global-mobility-service.com/wantedly.html

Why we do

  • インドネシアの渋滞-私達が解決したい課題のひとつです
  • フィリピンでの庶民の足、トライシクル

【社会のデジタルトランスフォーメーション】
世界にはローンやリース等のファイナンスサービスを利用できない人々が約17億人も存在します。
彼らの多くは、車さえあればタクシーや物流等のドライバーの仕事を通じて収入を得、十分にローン返済ができるにも関わらず、資産も信用もないためローンの活用機会が与えられません。
そのため、現状の生活から抜け出せず、子や孫の世代まで貧困であり続けています。
最先端のテクノロジーを駆使して、この社会課題に正面から取り組んでいる企業がGMSです。

How we do

  • フィリピン、韓国、日本の技術者で車両解析している様子
  • 会議の様子

【最先端IoTを活用したFinTechによる世界の社会課題解決】
このような状況を打破し、真面目に働く人が正しく評価される仕組みを創造すべく、当社はIoTを活用した自社開発のFinTechサービスを提供しています。
車両の遠隔起動制御と位置情報特定等を実現する「MCCS」、そこからのセンシングデータを分析・可視化するモビリティサービスプラットフォーム「MSPF」を活用することでローンのリスクを極小化し、従来はローンやリースの与信審査に通過しなかった人でも、車両を購入することが可能になります。
彼らは入手した車両を利用しトライシクルやタクシードライバー、運送などの仕事に就業する機会を得、完済後は子どもの教育ローンや住宅購入のチャンスなど次の与信につなげることで、負の連鎖を断ち切れるのです。

【ものづくりからサービスまで一気通貫した開発環境】
GMSは、ものづくりからサービス提供まで一気通貫で行なっていて、自分たちでイニシアチブを持って取り組んでいます。デバイス、実車両へのインストール、プラットフォームとをシームレスに開発し、サービスを創造する機会があります。また、IT業界、自動車業界を超えた技術者たちの協働の機会があります。
各国の交通事情に応じてデバイスを改善しながら開発しています。例えば、トライシクル(三輪のタクシー)にデバイスを取り付ける場合、防水の必要性が高いことが現地での利用状況から分かりました。このように現地で体験したことを開発に活かしています。
デバイスが改善していくことがプラットフォームに繋がっています。デバイスからのデータ量が増えるに連れて、そのデータ量に耐えるようにアーキテクチャを変更し、パフォーマンスの改善を進めてきました。

【ITからリアルな世界を創造できる面白さ】
ITからリアルな世界を創造できる面白さがあります。デバイスから送られてくるプリミティブなデータはそのままだと現実を部分的にしか表現できませんが、データの見せ方を工夫することで実際の状況に近づけて可視化し、ユーザに届けることで利活用を可能にするのがITエンジニアのやりがいです。

As a new team member

当社のインフラエンジニアはIoTデバイス100万台接続を目標としてパフォーマンスと信頼性を意識します。

IoTデバイスからの多大なトラフィックを安定して処理するため、Docker、Kubernetesといったコンテナ技術やAWSのサービスを積極的に活用し、自動的かつ回復力を持ったCloud Nativeなインフラ環境を実現します。その実現のために、運用・保守だけでなく、積極的にインフラ領域での開発を行い、アプリケーション開発者がより良い開発が行えるように支援します。例えば、1日に複数回デプロイを行うような高頻度なデプロイサイクルを作り上げています。また、Terraformを利用してインフラのコード化を進めており、再現性のあるインフラ構築に責任を負います。このような実務経験を通して、Cloud Nativeなエンジニアとしてのスキルが身につくと考えています。

チームの目的は、ビジネスに貢献するPFとサービス品質を提供することです。チームの目標を実現するために、アジャイル開発では、週次のイテレーションでの個々のタスクを明確にし、最適なパフォーマンスを維持した上で、開発をできるだけ高速化しています。さらに、わたしたちが重視しているのは、チームの取り組みレベルで心理的安全性を意識したコミュニケーションと開発手法です。例えば、モブプログラミングといったプラクティスを取り入れています。モブプログラミングはチーム内で心理的安全性を高める取り組みとして機能しています。こうしたアジャイル開発を通して、セルフマネジメントとチームへの貢献といった考えが身につきます。当社ではエンジニア主導で開発を進める環境ありますので、セルフマネジメントという条件下において、自身のアイデアを実現することができます。また、SREの考え方を取り入れて、TOILの除去に50%以上の作業時間を割り当てることで、信頼性と機能開発のバランスを取りながら開発を進めています。

グローバル全体を見据えた立ち回りを求められるポジションになっており、頻繁に海外のエンジニアとのコミュニケーションがあります。このような経験を通じて幅広い視野の獲得、英語力の向上が見込めると考えています。

わたしたちのチームでは、新しい技術に積極的にチャレンジし、なりたい自分を実現するために周囲を巻き込み、自分だけではなく、チームを成長させる意欲を持っている方を求めています。将来的にはチームとして、イベントに参加し、積極的に対外的にも発信していきたいと考えています。

■主な業務内容
- 自社開発プラットフォーム MSPF のインフラ設計・構築・運用
- 社内AWSインフラの設計・構築
- 各国の拠点へのAWSサポート

■必須の経験 / 能力
- 1年以上の実務経験
- AWSを利用したWebサービスのインフラ構築経験がある
- Dockerでのインフラ構築経験がある
- shell scriptやスクリプト言語によるタスクの自動化を行った経験がある
- Gitを用いた複数人での開発経験がある

■望ましい経験 / 能力
- 大規模アクセス環境下でのインフラ構築経験がある
- データレイクの構築経験がある
- 勉強会での登壇など積極的に情報発信している

■主に利用している技術
- インフラ:AWS, Kubernetes, Terraform
- データベース:MySQL, DynamoDB
- サーバーサイド:Node.js, Express, TypeScript
- 可視化:Grafana
- ログ収集・分析:Redash, Sentry
- 監視:CloudWatch, Prometheus, Mackerel
- 環境構築:Docker
- その他:GitHub, Slack, CircleCI, Trello, GSuite

熱門文章

自分の道は、自分で切り開く。今しかできないこと!
前職Slerだった私がGMSを選んだ理由
ISUCON9に参加しました
其他用戶唔會知道你對其他公司有興趣
0個推薦
公司詳情
Global Mobility Service株式会社
  • 成立於2013/11
  • 有270個成員
  • 正在擴充海外業務 /
    在Techcrunch上推廣 /
    獲得超過$1,000,000資金 /
  • 東京都港区芝大門一丁目12番16号 住友芝大門ビル2号館4F
  • 大規模車両データ処理を支えるインフラのリードエンジニアを募集!
    Global Mobility Service株式会社