1
/
5
This page is intended for users in Hong Kong(Chinese (Traditional)). Go to the page for users in United States.
中級職位
調査分析担当
於2020-07-10 瀏覽次數 183

組織として必要な情報を冷静に見極め、それな調査を考えられる調査分析担当募集

認定NPO法人フローレンス

認定NPO法人フローレンス嘅成員 查看更多

  • 【自己紹介】

    2年ほど前から認定NPO法人フローレンスの代表室で働いています。
    「経営層の右腕となって、新規性・難易度の高い経営課題を解決し、組織や事業を前に進めていく」という代表室のミッションにコミットしておりまして、あれやこれやいろいろなプロジェクトを担当して前に進めています(燃えながら、燃やしながら)。

    結婚9年目の妻(32)と長男(3)と次男(0)との4人暮らしですが、1人がすきです。

    読書と登山と旅行と音楽と映画が好きです。それぞれ近況は以下の通りです。

    読書:好きな本はその都度変わるので選べませんが、最近感動したのは「中動態の世界」(國分功一郎)と「アオアシ」(小林有...

What we do

  • 働きがいのある会社ランキング女性部門2位!社会を変える喜びを感じながら働いています!
  • 病児保育、障害児保育・・親子に関わる様々な社会問題を解決します

私たちは「親子の笑顔をさまたげる社会問題」を事業によって解決する、ソーシャル・ベンチャーです。

例えば…

■熱があって保育園に預けられないお子さんのいる家庭に訪問し、保育を実施する「病児保育事業」
■小規模な保育園を開き、都心の保育園不足を解消する、「小規模保育事業」
■障害児の受け入れ先が極度に不足している障害児保育問題を解決する、「障害児保育事業」
●家庭を必要とする子どもに一生の家庭を届ける、「赤ちゃん縁組事業」

など、様々な「新しいあたりまえをつくる」事業を展開しています。

Why we do

  • ランチの様子。子育て世代が多く、飲み会が少ないのでランチ文化があります。
  • 朝礼の様子。多様な働き方の一方、全員が集まる時間も大切にしています。

「病児保育問題」「ひとり親問題」「待機児童問題」「働き方問題」「障害児保育問題」「孤独な子育て問題」「赤ちゃん虐待死問題」…

時代の変化と共に様々な社会問題が生まれ、多くの親子の笑顔を奪っています。少しずつでも、親子の笑顔を増やし、安心して子育てできる社会を創ります。そのために、一つでも多くの社会問題を解決していきます。

How we do

  • リモートワーク、ズレ勤務、短時間勤務・・多様な働き方を世の中に発信します
  • マラソン部、ヨガ部等部活動も盛ん!

私たちは社会問題解決のプロフェッショナルとして、「みんなで子どもたちを抱きしめ、子育てとともに何でも挑戦でき、いろんな家族の笑顔があふれる社会」を目指し、事業を産み出します。

フローレンスには、社会問題解決のためのストラテジーがあります。

● 社会問題への「小さな解」を、事業として生み出す
● 政治や行政と共に「小さな解」を政策にし、全国に拡散する
● 自らも最良の事業者として、インフラを創造し、最後の一人まで助ける

このストラテジーに従い、事業を展開します。

*************************
◼働き方◼
フローレンスでは「多様な働き方」を推進しています。
在宅勤務、ノマド、ズレ勤、テレワーク、週4勤務正社員等、最先端の働き方を取り入れ、実際に社員が活用しています。
また、働き方問題にも自ら取り組むべく、平均残業時間は「20分」です。

*************************
◼社員◼
フローレンスのオフィスはフリーアドレスです。
様々な事業部の社員が和気あいあいと交流しています。ワークライフバランスへの意識も高く、ヨガ部、マラソン部、音楽部等部活動も盛んです。
お話しを聞きに来ていただいた際には、ぜひオフィスを覗いてみてください!

As a new team member

フローレンスのビジョンを実現するために、経営層の右腕となって組織や事業を前に進めていくスタッフを募集します。

フローレンスは事業による社会問題の解決を目指していますが、その解決方法は最初は誰にも分かりません。
そこで、限られた情報やアイディアを基にして、その社会問題を解決しうる新しい事業モデルを生み出すことが必要となります。
また、生み出した事業をより良くするために、課題を一つずつ解決していくことも重要です。

このように事業を生み出し、育てるプロセスを、経営層や各事業部とともに推進していくのが、
今回募集するスタッフの主な業務です(所属は「代表室」という経営直下の組織になります。)

フローレンスは「意思決定が早い」、「経営層と近い」、「様々な職種・経歴の人がいる」、
「新しいことに挑戦することに前向き」といった特徴があります。

こうした組織で上述のような業務を推進していくためには、以下のような資質、心構えを備えた人が求められます。

・数字やデータを使って仮説を構築する論理的思考力
・事業やプロジェクトの状況が複雑な中でも課題を発見し、言語化できる課題設定力
・管理者がいなくても目標に向かって責任感を持って動ける自律性
・新しいことを恐れず、むしろ前のめりにどんどんやってみようと思う行動力
・自分の考えと異なる意見を否定せず、とりあえず試してみようと思える柔軟性
・複数のプロジェクトを一度に回すことができるマネジメント力
・経営層やマネージャーと率直に、対等に、議論ができる胆力
・様々なステークホルダーと気持ちよく仕事を進めていけるコミュニケーション能力
・仕事に真剣に取り組みつつ、プライベートも充実させて楽しく働けるバランス力0

一言で言えば、
「自律的に動き、事業を前に進めていくことに注力し、組織として必要な情報を冷静に見極め、それに必要な調査を考えられる人。」ということです。

もちろん、現在の代表室のメンバーがこれらのスキルを全て兼ね備えているわけではありませんが、
それでもこれらの資質、心構えの必要性を常に感じながら日々仕事をしています。

新しいこと、ややこしいこと(またはその両方)を進めていくのが代表室の業務であり、大変なことも多くあります。
事業部や現場の支援に入ることも多いため、外からは見えない地味な仕事も少なくありません。
事業部とは異なり、各事業の現場を俯瞰した立場で考える視点も必要です。

事業部単独では解決できない課題が出たとき、事業部を横断するような案件を進めるとき、
新規性の高い案件が発生したときは、「頼りになる部署」として価値を発揮し、
メンバーがもっと力をつけて、さらに頼りがいのある部署にしていきたいと日々精進しています。

フローレンスの組織と事業を前に進めるために、一緒に楽しく働いて行きましょう!
「我こそは!」という志のある方のご応募をお待ちしております!

熱門文章

ぼくらの100日間戦争~第五章「NPOなのにお金うけとるの?と言われる日本」
ぼくらの100日間戦争~第四章「人はいかにして救われるのか?」
ぼくらの100日間戦争~第三章「命がけの最前線と、経営陣の涙」
其他用戶唔會知道你對其他公司有興趣
1個推薦
公司詳情
認定NPO法人フローレンス
  • 成立於2004/04
  • 有620個成員
  • 東京都千代田区神田神保町1-14-1 KDX神保町4F
  • 組織として必要な情報を冷静に見極め、それな調査を考えられる調査分析担当募集
    認定NPO法人フローレンス