1
/
5
This page is intended for users in Hong Kong(Chinese (Traditional)). Go to the page for users in United States.
中級職位
特別養子縁組相談員
於2020-09-02 瀏覽次數 430

特別養子縁組への相談者からの話しを聞き、解決方法を提案していきませんか?

認定NPO法人フローレンス

認定NPO法人フローレンス嘅成員 查看更多

  • 認定NPO法人フローレンス 理事

    組織運営全般を行う。
    「親子の笑顔をさまたげる」社会課題解決のため、必要とされるサービスを生みだし、事業として安定した運営ができるよう育て、全国にそのノウハウを広めるのがミッション。多様なメンバーを集めチームを作る、NPOのお金を管理する、スタッフの成長をサポートする、など組織運営全般を担当。

    「創造性、忍耐力、好奇心、誠実さ、大局観」
    ある心理アセスメントによれば、私の強みは↑だそうです。
    粗くてもいい、情熱につき動かされ、まず走り出すこと、
    他の人が真似できない、小さくとも尖った何かを創ること、
    先を見据え、これまでにない価値を...

  • 1979年生まれ。慶應義塾大学総合政策学部卒業後、「地域の力によって病児保育問題を解決し、子育てと仕事を両立できる社会をつくりたい」と考え、2004年にNPO法人フローレンスを設立。日本初の「共済型・訪問型」の病児保育サービスを首都圏で開始、共働きやひとり親の子育て家庭をサポートする。

    2010年からは待機児童問題の解決のため、空き住戸を使った「おうち保育園」を展開し、政府の待機児童対策政策に採用される。
    2012年、一般財団法人日本病児保育協会、NPO法人全国小規模保育協議会を設立、理事長に就任。

    2010年より内閣府政策調査員、内閣府「新しい公共」専門調査会推進委員、内閣官房「社...

What we do

  • 働きがいのある会社ランキング女性部門2位!社会を変える喜びを感じながら働いています!
  • 病児保育、障害児保育・・親子に関わる様々な社会問題を解決します

私たちは「親子の笑顔をさまたげる社会問題」を事業によって解決する、ソーシャル・ベンチャーです。

例えば…

■熱があって保育園に預けられないお子さんのいる家庭に訪問し、保育を実施する「病児保育事業」
■小規模な保育園を開き、都心の保育園不足を解消する、「小規模保育事業」
■障害児の受け入れ先が極度に不足している障害児保育問題を解決する、「障害児保育事業」
●家庭を必要とする子どもに一生の家庭を届ける、「赤ちゃん縁組事業」

など、様々な「新しいあたりまえをつくる」事業を展開しています。

Why we do

  • ランチの様子。子育て世代が多く、飲み会が少ないのでランチ文化があります。
  • 朝礼の様子。多様な働き方の一方、全員が集まる時間も大切にしています。

「病児保育問題」「ひとり親問題」「待機児童問題」「働き方問題」「障害児保育問題」「孤独な子育て問題」「赤ちゃん虐待死問題」…

時代の変化と共に様々な社会問題が生まれ、多くの親子の笑顔を奪っています。少しずつでも、親子の笑顔を増やし、安心して子育てできる社会を創ります。そのために、一つでも多くの社会問題を解決していきます。

How we do

  • リモートワーク、ズレ勤務、短時間勤務・・多様な働き方を世の中に発信します
  • マラソン部、ヨガ部等部活動も盛ん!

私たちは社会問題解決のプロフェッショナルとして、「みんなで子どもたちを抱きしめ、子育てとともに何でも挑戦でき、いろんな家族の笑顔があふれる社会」を目指し、事業を産み出します。

フローレンスには、社会問題解決のためのストラテジーがあります。

● 社会問題への「小さな解」を、事業として生み出す
● 政治や行政と共に「小さな解」を政策にし、全国に拡散する
● 自らも最良の事業者として、インフラを創造し、最後の一人まで助ける

このストラテジーに従い、事業を展開します。

*************************
◼働き方◼
フローレンスでは「多様な働き方」を推進しています。
在宅勤務、ノマド、ズレ勤、テレワーク、週4勤務正社員等、最先端の働き方を取り入れ、実際に社員が活用しています。
また、働き方問題にも自ら取り組むべく、平均残業時間は「20分」です。

*************************
◼社員◼
フローレンスのオフィスはフリーアドレスです。
様々な事業部の社員が和気あいあいと交流しています。ワークライフバランスへの意識も高く、ヨガ部、マラソン部、音楽部等部活動も盛んです。
お話しを聞きに来ていただいた際には、ぜひオフィスを覗いてみてください!

As a new team member

「産んでも育てられない」

「中絶できる時期を過ぎてしまった」

悩みを抱え、相談できる人もいない中で悩んでいる女性がたくさんいます。

そんな相談者からのSOSを受け止め、話しを聞き、解決方法の糸口を提案するお仕事です。
様々な相談に対して、根気強くお話を聞き、不安を受け止め、
相談者が前に進んでいくための手助けをしてください。

そして、特別養子縁組でお子さんを託すことを希望される方への支援も行います。
特別養子縁組は、子どもが生涯に渡り、安定した家庭で特定の大人の愛情に包まれて育つために作られた公的な制度です。

フローレンスの赤ちゃん縁組事業は、まだまだ発展途上の事業であり、仕組みやフローはまだ完全ではありません。
そんな中でも、物事を前向きに捉え、トライアンドエラーを続け、内省し、改善していくこと、自分たちでより良い活動を作っていくという姿勢が求められます。

赤ちゃん縁組事業の仲間として、赤ちゃん、生みの親、育ての親、当事者全員が幸せになれる縁組を、共に目指しませんか?

※応募をご検討の場合、以下のHPの「よくあるご質問」をご一読の上、
実際の相談内容について理解を深めていただくようお願いいたします。

▼よくある質問
https://engumi.florence.or.jp/ninshin#question

*スペシャリスト認定制度について(2020年7月~)
フローレンスでは、赤ちゃん縁組事業部相談員を福祉系専門職種の「スペシャリスト※」として認定し、その実務レベルにより月額基本給に加え、一定額の手当を支給することとなりました。

詳細は弊会のHPよりご確認ください。
(※フローレンス独自かつ高い専門性を持つ特定職種の社員について、その専門性を認定し手当を支給する制度のこと)

*フローレンスのリモートワーク・在宅勤務について
弊会では部署内での調整・相談を元に、週のうちの一部で在宅勤務可能な制度を事務局スタッフに導入し、より働きやすい環境を実現しております。フルリモートワークのスタッフもおりますが、入社直後からの適用はありません。予めご了承ください。

《仕事内容》
対人援助の専門職のチームの一員として、下記業務に携わってもらいます。
【生みの親支援】
・妊娠相談
・産みの親対応(電話対応、面談、カウンセリング、同行支援等、お産に向けてのサポート)
・専門職支援チームでのマッチングの検討
・委託後アフターケア

【育ての親支援】
・育ての親希望者からの問い合わせ対応
・研修開催
・養親審査(電話ヒアリング、面談、家庭調査)
・委託時支援
・委託後の行政手続きサポート
・赤ちゃんのお迎えサポート

《必要な資格》
下記のいずれかの資格は必須となっております
・社会福祉士
・精神保健福祉士
・看護師(助産師、保健師資格がある方も歓迎)
・心理士(臨床心理士、認定心理士)
・児童指導員

《必要な経験・スキル》
社会人経験3年以上で、相談援助業務経験がある方
(児童・母子福祉または子育て支援領域や、医療・保健・福祉分野など)
※目安は3年以上です。

《歓迎経験・スキル》
・児童福祉または母子福祉・母子保健分野での相談援助業務
・乳児院や児童養護施設等の社会的養護領域での相談援助業務
※業務の具体的な経験をお書きください

その他必要なスキル
・PCスキル
※PC画面を見ながら必要な情報を把握したり、電話で聞き取った情報を短時間でリアルタイムに入力するスキルが求められます。

一緒に社会を変えていく、皆さまのご応募をお待ちしております!

熱門文章

ぼくらの100日間戦争~第五章「NPOなのにお金うけとるの?と言われる日本」
ぼくらの100日間戦争~第四章「人はいかにして救われるのか?」
ぼくらの100日間戦争~第三章「命がけの最前線と、経営陣の涙」
其他用戶唔會知道你對其他公司有興趣
2個推薦
公司詳情
認定NPO法人フローレンス
  • 成立於2004/04
  • 有620個成員
  • 東京都千代田区神田神保町1-14-1 KDX神保町4F
  • 特別養子縁組への相談者からの話しを聞き、解決方法を提案していきませんか?
    認定NPO法人フローレンス