1
/
5
This page is intended for users in Hong Kong(Chinese (Traditional)). Go to the page for users in United States.
中級職位
SREエンジニア
於2021-01-07 瀏覽次數 111

SREエンジニア|上場間近、シリーズC|働き方改革をテクノロジーから支援

ClipLine株式会社

ClipLine株式会社嘅成員 查看更多

  • Clipline株式会社のフロントエンド・リードエンジニアです。現在はreactjsによるSPA開発が主務で、PC・タブレット向け学習ツールの開発・運用しています。

    ecmascript / Reactjs + redux-saga / WebRTC / webpack / storybookjs

    2016年までは、グリー株式会社にてバックエンド開発を主務に、すまいのプラットフォーム『LIMIA(リミア)』の立ち上げをはじめ、新規WEBゲーム開発、アバター事業の開発運用などをおこなっておりました。

  • スキル
    ・ソフトウェアデザイン 10年 業務分析・モックアップ・DB設計など上流工程のデザインスキル
    ・プログラミングスキル 10年 サーバーサイド・クライアントサイドプログラミングスキル
    ・業務ソフトウェア開発 10年 一般購買・直接材調達・会計系の業務ナレッジ・開発スキル

    経験
    ・マネジメント 6年 5人程度の少数から最大30人弱のチームマネジメント経験
    ・ユーザー折衝 10年 ユーザーとの開発要件ヒアリング及び定義・システム導入経験
    ・プロダクトデザイン 10年 マーケットリサーチから製品コンセプト・開発経験
    ・ ユーザーサポート 3年 ソフトウェア保守サポートチームの立ち上...

  • 新卒で入った印刷会社でDTPオペレーター(画像処理・組版)を経験後、趣味で作ったミュージックレビューサイトを持って制作会社に入りプロモーションサイトやネットバンキングのUIデザイン、コーポレート・ブランドサイトリニューアルなどを経験。
    サイト運営のノウハウや当時日本に入りたてのIAを用いたサイト設計経験を積みながらも、納品ゴールの虚しさを感じて事業会社へ転じ、サービス立ち上げ〜運営・デザインチームリーダーなどを経験。

  • Nobuyoshi Fujimori
    設計/創作(設計師,作者,其他)

What we do

  • 動画を活用したクラウドOJTシステム
  • 多店舗展開の課題を解決

サービス産業の生産性を双方向動画で改善するOJT変革システム「ClipLine(クリップライン)」を提供しています。ClipLineは、店舗運営やサービス提供に必要な「知識」「技術」「情報」などを数秒~数分の短尺動画(Clip)として蓄積し、タブレットやスマートフォンを使って本部と現場で双方向にやりとりすることのできるサービスマネジメントプラットフォームです。

OJTを1対1ではなく、1対多人数へ拡張し、24時間いつでもどこでも新人がひとりでトレーニングできる環境を構築できるほか、遠隔での店舗マネジメント、本部から現場へのスピーディーで確実な伝達、現場の優れたナレッジの横展開など、多店舗展開をするサービス産業の生産性向上につながるような仕組みづくりに取り組んでいます。

多店舗展開をするサービス産業は多岐にわたりますが、ClipLineは外食・小売企業の導入から始まり、現在では介護福祉・薬局・美容など幅広いサービス分野で活用されるようになりました。

私たちは、システムの提供にとどまらず、コンサルティング、映像制作、カスタマーサクセスといった総合支援体制で、お客様と伴走しながらサービス産業のさまざまな課題を解決することを目指しています。

[ClipLine┃サービス] https://clipline.com/service/
[ClipLine┃コーポレート] https://corp.clipline.com/

★ClipLineの導入企業例(順不同・敬称略)
・株式会社吉野家
・クリスピー・クリーム・ドーナツ・ジャパン株式会社
・株式会社ティップネス
・ホリイフードサービス株式会社
・株式会社アイセイ薬局
・株式会社プラティア
・株式会社髙島屋

Why we do

日本ではサービス業で働く人が国内GDPの約7割を占めていますが、少子高齢化で慢性的な人材不足にあり、今後はますます厳しい状況になると考えられます。

このような時代にあって、サービスの価値や品質を向上させながら生産性も上げるという一見相反することの実現がすべてのサービス産業の課題となっています。私たちはそこに、デジタルの力を生かすことができると考えています。

サービス産業の生産性を向上させる方法として、AIやロボットなど人以外への投資もありますが、サービス業には特に「人」でないとできないことがあります。そこで私たちはこの「人」を育てる仕組みをデジタルの力で改善しようと、日々、開発を進めています。

人材不足時代だからこそ、人材教育をデジタル化することで効率化を図り、人の価値を最大化していきたいというのがClipLineの思いです。

ClipLineのミッション
「できる」をふやす

私たちの存在意義
私たちは世界中で、人の手によるサービスや、人の顔が見えるサービスの現場で、「できる」をふやすプラットフォームを提供します。

私たちが目指す姿
「知っている」から「できる」へ。「できる」をサービスの品質基準にしましょう。「できる」が増えれば、はたらく人、企業とその先のお客様の幸せを最大化できるはずです。

How we do

プロダクト開発、コンサルティング、映像制作など、多様なバックグラウンドを持ったメンバーが集まっています。
50名程度のチームで、3つのバリューを共有しています。

大事にしていること(3つのバリュー)
・ユーザーファーストを貫こう
・考え抜いて、やり抜こう
・チームワークで解決しよう

As a new team member

【募集背景】
 当社プロダクトはサービス開始からちょうど6年、累計10億円超の資金を調達し、いわば第二創業期。現在、プロダクトをダイナミックに改変、拡張しているアグレッシブなモノづくりフェーズにあります。
19年初旬に大手IT企業からプロダクトマネージャーを迎え、オフショア含めた開発を加速しています。
 産業におけるサービス業の比率は年々高まっていますが、外食、医療・介護、小売・卸、金融機関等、非常に多くの『技術習得』が必要とされるサービス業界では、教育対象となる従業員数も多く、人材の入れ替わりも激しいことでマネジメントを困難にしています。
 当社では多くのクライアントや投資家に支えられながら、サービス業の課題解決に向けて前進し、生産性向上や働き方改革に貢献していきます。

【業務内容】
技術習得プラットフォームの既存機能の改善や新機能の開発

【業務詳細】
・アーキテクチャ、改善、自動化(データベース高可用性、オーケストレーション等)
・インフラSRE(モニタリングの効率化、障害対応、自動化)
・インフラ設計・構築
・インフラ運用保守(AWS側も含むメンテナンスの計画と実施)

当社のSaaSプロダクトのインフラ構築から運用全般をおまかせいたします。
今後も新規機能や、新規事業としてのアプリケーション開発を予定しており、インフラ設計を一括して担当いただくため、様々なフェーズを経験できます。

【必須(MUST)】
・AWSの利用経験
・WEBサービスのインフラ構築・運用経験
・DevOps関連ツールを用いた運用経験
・チーム開発における折衷能力

【歓迎(WANT)】
・AWS認定ソリューションアーキテクト保有者
・ベンチャー企業での就業経験
・複数パートのフォロー経験
・ITILに準拠した運用経験

熱門文章

「どこでもドアを作りたい!?」業界を変える新たなチャレンジ
インフラエンジニアとして、ClipLineがより健全にサービス提供活動が行える環境にしていきたい
今まで培った経験を引き出しながら、ビジネス需要に対するプロダクトの開発を!
其他用戶唔會知道你對其他公司有興趣
0個推薦
公司詳情
ClipLine株式会社
  • 成立於2013/07
  • 有57個成員
  • 獲得超過$1,000,000資金 /
    在Techcrunch上推廣 /
  • 東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル7階 20号室
  • SREエンジニア|上場間近、シリーズC|働き方改革をテクノロジーから支援
    ClipLine株式会社