1
/
5
noteマンガ・アニメディレ
中層
於2021-04-30 瀏覽次數 1,410

noteを舞台にマンガ・アニメ業界を盛り上げるディレクター募集!

note株式会社

note株式会社嘅成員 查看更多

  • note株式会社 代表取締役CEO・編集者。アスキー、ダイヤモンド社で雑誌、書籍、電子書籍の編集に携わる。おもな担当書は『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』『スタバではグランデを買え!』『なぜ投資のプロはサルに負けるのか?』『英語耳』など。大阪大学大学院経済学研究科博士前期課程修了。

  • 慶応義塾大学の学部生時代には、携帯電話(当時はガラケー)へ、多言語の入出力をサポートするブラウザアプリを提供する会社を創業(3年で廃業)。
    学習サポートを目的としたアプリだった為、慶應義塾大学の語学研究室(中国語、イタリア語、アラビア語、ドイツ語など)と連携して開発を行う。

    同大学の修士卒業、博士自主退学を経て、病院口コミ検索サイト「caloo」(月間2500万PV程度)を提供するカルー株式会社に、創業メンバーとして参加。

    2020年6月より、後述するゲーム関連の知識を生かすためnote株式会社にゲームカテゴリディレクターとして勤務スタート。
    「ゲーマーがゲーマーらしく生きていける環...

  • noteでスポーツカテゴリディレクターをしています。スポーツに関わるすべての人・チーム・団体・企業が情報発信できる場を目指しています。

  • 立教大学社会学部を卒業後、ベネッセコーポレーションに入社。主に小学生向け通信教育の編集業務に携わる。国語教材や情報誌の編集、ウェブサイトや動画、ノベルティの制作など幅広く担当。コンクールの審査や運営にも長くかかわった。10年間勤めた後、東洋経済新報社に入社。受託で書籍や広報誌、社史などを制作。2020年に現note株式会社に入社。公共・教育カテゴリーを主に支援するnoteディレクター。

Why we do

  • 代表取締役CEO・加藤貞顕
  • noteやcakesからうまれた作品

人々が本当に伝えたいことに専念できるようになるため。

インターネットの発展で、だれでも創作できる時代がやってきました。

創作のハードルは下がっていますが、続けることのハードルは高いままです。必要なのは、楽しく作り続けること、伝わるべきひとに届けること、それをビジネスにして生活の糧にすること。ネット上には、既存のメディア産業がもたらしてくれたような、クリエイター・メディア・ファンをつなぐエコシステムはまだ存在していません。

noteは、あらゆる人、あらゆる組織の、クリエイティブ活動を助け、続けていくための手助けをしていきます。

熱門文章

はたらく社員を知る記事まとめ
考え方を知る記事まとめ(History、MVVなど)
プロダクトを知る記事まとめ
其他用戶唔會知道你對其他公司有興趣
1個推薦
公司詳情
note株式会社
  • 成立於2011/12
  • 有130個成員
  • 獲得超過$300,000資金 /
    CEO懂得程式編碼 /
    獲得超過$1,000,000資金 /
    在Techcrunch上推廣 /
  • 東京都港区北青山三丁目1番2号 青山セント・シオンビル 4階
  • noteを舞台にマンガ・アニメ業界を盛り上げるディレクター募集!
    note株式会社