1
/
5
ビジネスデザイン/リーダー職
於2021-05-27 瀏覽次數 82

22卒|その就活に満足していますか?若手から圧倒的な成長を目指す新卒募集!

日本ビジネスアート

日本ビジネスアート嘅成員 查看更多

  • 2015年新卒でJBAに入社。

    21歳で自ら会社の立ち上げを経験。
    2年ほど経過した頃に、自らでやるからこそ、スピードが遅い。すぐに誰かに聞ける組織に属している同世代が羨ましく思いました。

    このままでいいのか。と思い、
    すぐ決断。まず成長できる企業に入ろうと。
    企業の選ぶ軸は3つ。
    ①取引先が大手であること
    ②ポストが空いていること
    ③商品を持っていないこと

    JBAと出会い、条件は全て整ってました。
    ただ一番惹かれたのは、『社員のレベルの高さ』。レベルの高さとは、当然スキル面もそうですが、私が強く惹かれたのは、

    「もっと会社をこうしたい」「こんな事業を創りたい」と、

    JBAの社...

  • 1987年生まれ。
    関西大学社会学部卒業。
    2010年、新卒で日本ビジネスアート株式会社に入社。
    入社1年目に新規事業を立ち上げ。
    日本の医療を最前線で支えている“開業医”を支援できる会社がない―
    そんな業界の課題を解決に貢献するため、300社を超える大手上場企業とのビジネスから培われた当社のノウハウを生かし、院長(=経営者)を一生涯にわたり支援する新しい事業モデルを構築。
    全国に10万件ある医院の経営を変革し、医療業界にイノベーションをおこすため2020年に全国8拠点への展開を計画しており、事業を拡大している。

  • 1996年生まれ。2019年関西学院大学卒業。

    中、高とサッカー部のキャプテンを務め、高校は首席で卒業。しかし、神戸大学経営学部の入試に失敗。神戸大学に進学した誰よりも、充実した4年間にしようと心に決め、関西学院大学への進学を決意。

    在学中は、マーケティングの勉強に没頭する。
    学外では、一流ホテルのバイトにも邁進。きめ細やかな心遣いがお客様から評価され、名刺を数十枚もらうほどの活躍を見せる。3年時には、リーダーとしてマニュアル作成や人材育成にも携わる。

    就職活動では、大手企業含む8社から内定をもらうも、「生き方」と「働き方」を分けたくないという自分自身の想いからJBAに入社を決意。...

  • 私は40歳でJBAに入社しました。何故うちに入社することになったか?うちの行動指針通り仕事をやったら絶対人生大成功すると確信したからです。うちの会社は私が在籍したリクルート(広告クリエィテイブ)と船井総研(コンサルティング)を足して2で割ったような事業を行なっています。ところが最近はさらに進化しその2社を凌駕するようなエキサイティングな仕事もたくさん舞い込んで来てワクワクドキドキが止まりません。興味を持たれた方一度遊びに来ませんか?

What we do

コンサルティングとクリエイティブで、
企業の「伝える」を進化させる

私たちは、お客さまが気づいていない問題を見つけ出して、それを解決までの戦略を描く「コンサルティング」と、そのお客さまの唯一無二の価値や素晴らしい取り組みを社内外にコミュニケーションしていく際の伝え方・魅せ方を最高のものにする「クリエイティブ」の両方の機能を持っています。

その2つの機能の融合で、従来のコンサルティングファームのように戦略を構想するだけでもなく、古い制作会社のように言われたことの表現を整えるだけでもなく、ブランディングの真髄に根ざした最高のクリエイティブの制作・実装まで一気通貫に支援します。 

お客さまご自身が気づくような提案しか出せないならば、私たちの存在価値はありません。お客さまとの信頼関係のもとにプロジェクトを進めていると、担当者の方にとってはあたりまえになってしまっているけれども、外部の視点でみると驚くような素晴らしい取り組みや物語に出会うことが、多々あります。私たちはその埋もれた価値を掬い上げ、部署や拠点、企業グループを超えた「新たな価値」として世界に発信していくことをご提案します。

ビジネスを共にする時間に比例して、お客さまの世界感を深く理解することができる。
それを喜びと感じる私たちだから、埋もれている価値を見つけ、その驚きや感動を社会に伝え、お客様の価値を高めていくことができる。お客さまのビジネスを“アート”の領域まで高めることができると私たちは信じています。

Why we do

大手上場企業500社。
私たちが取引しているお客さまです。

企業存続年数は、10年後5%、30年後は0.021%。
そのような激戦の企業競争の中で、常に各業界の先頭に立って世界を相手に価値を生み出し続けて、社会から必要とされ続けている。そのような企業ばかりです。

にもかかわらず、企業の価値が世の中に十分に伝わっていません。
それぞれの業界・専門領域ではすばらしい活動を続けながらも、ただ「発信の仕方が上手くない」というだけで世の中に知られていない企業がある。もしも世の中に正しく届けられれば、世界を変えるかもしれない大事な情報が、そこに留まったままになってしまっています。

そういった企業の「伝える」課題を解決し、プロモーションや採用広報、IRなど伝える領域を限定せず、その企業が持つ真の価値をすべてのステークホルダー(顧客・求職者・株主・地域社会など)へ伝えていく。「領域無制限のブランディング」を実現することが私たちのミッションです。

もっと、自社で働く社会的意義や誇りが現場に伝わるように。
もっと、製品やサービスの他社にはない違いや価値が顧客に伝わるように。
もっと、企業の発展性・未来の可能性が株主や投資家伝わるように。

JBAは、
世の中になくてはならない一流企業に伴走し価値を高めていく、
世界最高峰のコンサルティング&クリエイティブ集団を目指します。

How we do

クライアント企業にずっと寄り添う、深く入り込む、どこまでも広げる

私たちは、それぞれのお客様に寄り添い、その企業だけの魅力や世界観を深く理解します。その深さは、クライアント企業で働く従業員以上。そして、その理解をもとに、業界や領域を飛び越えて課題解決を提案、実行しています。お客様に「そこまで考えてくれたの?!」と感動され、「次はこんなこともお願いしたい!」と指名されてきた、それが私たちの成長の根源です。

それを可能にしているのは、私たちの根幹を成す「親身な長期関係性モデル」というビジネスモデルです。

「親身な長期関係性モデル」―私たちは、案件単位の利益や短期的な収益よりも、お客様との長期的な信頼関係の構築を重視します。

私たちはクライアント企業に対して、いつでも会いに行き、ずっと付き合っていく。単に依頼された仕事をこなす会社として表面的なやり取りをするのではなく、常に「もっと私たちにできることはないか」と考え続けます。そうしてお客様の期待以上のサービスを提供し
続けることで、お取引期間が長くなればなるほど、私たちと企業の関係性はより深く強固なものとなります。結果として、他社の追随を許さない、唯一無二のパートナーとして信頼されるようになるのです。そして、お客様がもっと社会に必要とされる存在になるよう、常にありとあらゆる手段を考え、提案し、それが成果に結びつくまでどこまでも伴走します。

だから、私たちは仕事を数字で測りません。「あなただからこそ任せたい」という指名をお客様からいただくこと、「ほかの部署、会社にあなたを紹介したい」とご縁をいただくこと、それが唯一の評価基準です。私たちが仲間に求めるのは、お客様のために何ができるか考え続けられる熱さ、仕事を通じて人の役に立ちたいと願う資質、そして社会から「なくてはならない存在」と言われることを共に目指せる、真摯さと誠実さです。

世の中に溢れているのにまだ誰も気づけていない、様々な企業と仕事の魅力。それを掘り起こし、社会に広げたい。この想いに共感してくれる方と一緒に働きたい――ご応募、心よりお待ちしております。

【長期関係性モデルの事例紹介】
→ホテル最大手H社の社員2000人に取材!超密着型インナーブランディング支援
https://www.wantedly.com/companies/www-jbakk-co/post_articles/160386

→落ちこぼれの入社2年目女子が大手建材メーカーS社の技能コンテスト世界大会をまるごとプロデュース
https://www.wantedly.com/companies/www-jbakk-co/post_articles/181768

→電子部品メーカー2社の合併で誕生した新SY社の融合プロジェクト
https://www.wantedly.com/companies/www-jbakk-co/post_articles/160323

As a new team member

"就職活動が終わり新しいことを始めたい学生、社会に出るまでに経験を積み、スキルを向上させたい学生、もう今から、プロとして本気で働きませんか?
--------------
出版社や新聞社、制作会社に内定が決まった今、学生のうちに経験を積んで入社後は即戦力として活躍したい。しかし、学生が社会人と対等に働ける場所などあるのだろうか。そんな風に思っていませんか?

社会人と学生の線引きなど、誰が決めたのか。日本ビジネスアート株式会社(以下JBA)は、大学生からでもプロとして仕事をし、お客さまや社会に広く貢献できると考えています。

インターンシップは就活のためにするものという認識が根強い中で、就活を終えてからインターンシップをするということに違和感があるかもしれません。

しかしJBAは、就活を終えた学生にこそ、長期インターンシップに挑戦してほしいと強く思っています。

JBAでは、記事の執筆や校正、Webサイト作成や動画作成、企画立案など一人ひとりの興味や能力に合わせた仕事をすることができます。

内定先での職種や、入社後配属を希望する職種に合わせて、今から専門的な知識やスキルを身に着けることができるのです。

プロとして仕事ができるのは入社してから、という常識を打ち破り、学生時代から真剣勝負で社会に挑める。

そんな環境がJBAにはあります。

下記のような方を歓迎します
☑内定先での職種に合わせて、専門的なスキルを身に着けたい
☑どうせならアルバイトに時間を使うのではなく、入社後の仕事に直結する経験を沢山積みたい
☑社会に出るまでに、自分を成長させたい
☑社会に出てから、自分の力が通用するか心配
☑就活を終えた今、新たな目標が欲しい

---------------------------------------
JBAとは?*
コンサルティング・広告の業界で急成長中のJBA。
大手上場企業500社と代理店を介さない直接取引をしており、社員は総勢180名、インターン生100名。
編集や記事執筆、Webサイト作成、動画編集、企画立案に興味がある方向けのインターンです。社会に出る前に、企業が抱えている組織課題や様々な業界の動向、企業分析の仕方や見方などを体得し、今から最速で成長できる環境があります。学生生活での残りの時間を、成長のために使いませんか?
----------------------
JBAのインターンシップに参加するメリット
1.東京・大阪・札幌全拠点の学生と仕事を通して交流ができ視野が広がる
2.大企業の組織課題やビジネスモデル、業界動向など学生では通常知りえない情報を得られる
3.元Google・Apple出身の起業家による毎週の勉強会を無料で参加
4.プロの社員から45分に1回の徹底的フィードバック
5.社内の仕組みづくりや教育システム、採用などの組織づくりを経験できる

ー 取引先一例 ー
ANAホールディングス株式会社、株式会社三井住友フィナンシャルグループ、株式会社ファンケル、カルビー株式会社、ライオン株式会社、明治ホールディングス株式会社、りそな銀行、三井不動産株式会社、株式会社そごう・西武、第一三共株式会社、カシオ株式会社、株式会社コーセー、株式会社ドトールコーヒー、株式会社東急ハンズ、株式会社ブリヂストン、株式会社リコー、富士フイルムビジネスイノベーション株式会社 他"

熱門文章

Wantedly フォロワーランキング1位になりました!!毎週約200人がエントリー中!
「多くの人に喜ばれるものを作りたい」 デザイナーの彼女が更なるレベルアップのためにJBAを選んだ理由とは?
「みんなを照らす太陽」に。学生の力を最大限信じてくれる環境で挑戦を繰り返す彼女の背景には、留学先で学んだ「無償の愛」があった。
其他用戶唔會知道你對其他公司有興趣
0個推薦
公司詳情
日本ビジネスアート
  • 成立於1991/10
  • 有170個成員
  • 東京都港区赤坂2丁目14-27 国際新赤坂ビル 東館9階
  • 22卒|その就活に満足していますか?若手から圧倒的な成長を目指す新卒募集!
    日本ビジネスアート