1
/
5
コーポレートIT
中層
於2021-08-18 瀏覽次數 109

東大発スタートアップに安心でモダンな良いEXを コーポレートIT担当募集!

株式会社JDSC

株式会社JDSC嘅成員 查看更多

  • 教育、輸送、エネルギーといった生活を支える領域を、技術でアップグレードすること。そして、それをプロとして尊敬できるメンバーと取り組める組織を作ること。この2つが私の仕事です。

    一緒に日本をアップグレードできる方、是非ご応募ください。

    【経歴】
    東京大学卒業後、マッキンゼーアンドカンパニー、米系メーカー等での経験を経て、2014年に一般社団法人日本データサイエンス研究所(Japan Data Science Consortium、現 株式会社日本データサイエンス研究所)を創設、代表に就任。
    医療データ リーズンホワイ 監査役。

    【著書】
    『機械脳の時代』http://bit.ly/...

  • 日本データサイエンス研究所でCEO加藤とCOO淵とともにTech Co-Founder の立場で、システム構築、データエンジニアリングなどなど担当しています。

    弊社にて、CTO, データサイエンティスト, エンジニア, UI/UXデザイナー, デベロッパーの皆様を募集しています。われこそは...という皆様なにとぞよしなに。

    築地市場と豊洲市場が近くで仲卸に知人がいる都合で、魚の目利きとか三枚おろしとか五枚おろしとかができます。Splatoon2 がウデマエX (底辺)のへなちょこゲーマーなときもあります。

What we do

◆「利益に直結」したAI活用サービスの提供◆

デジタル化、AI構築に多額の費用を投資しても、 収益が上がらなければ意味がありません。
JDSCは従来の人月単価に基づいた請求から決別し、 成果に基づいたコミッション請求により、クライアント企業の利益貢献にコミットするプロフェッショナル集団です。
アプリケーション開発を通して、需要予測・異常検知・物流最適化・教育・在庫最適化・与信評価・言語/画像認識など多岐にわたる課題に取り組んでいます。

◆これまでの事業実績例とメディア掲載◆

◇需要予測
商品の売上を正確に予測することで、欠品による売上機会損失を防ぎ、過剰生産による廃棄費用・保管費用を削減することを行いました。自社データからだけでは正確な予測ができない場合でも、JDSCが保有する景気情報・消費情報や、SNS上のビッグデータ解析を組み合わせることで人力での予測を超える予測精度を実現しています。
事例:大手消費財企業で、予測のブレを人力予測の7割に抑えることに成功

◇不在配送の削減
不在配送は全配送の2割近くを占め、数千億円のコストを生んでいます。2020年までに全戸配備されるスマートメータから得られる電力データを元に、人工知能が配達先の現在~将来の在不在を予測することで、不在を回避し、在宅と配達時間をつなげています。開発アルゴリズムを用いた実際の配送実験で不在配送が9割近く減少しています。

◇日経新聞 1面にて、大きく取り上げられました。
宅配時不在なくせ 東大発など2社、AIで商用化 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO39181040Q8A221C1FFR000/

Why we do

「UPGRADE JAPAN」
◆わたしたちは、日本をアップグレードする会社です◆

JDSCは日本の産業をアップグレードすることを使命とした、東大発のAI企業です。

今私たちが生きるのは、かつての高度成長時代ではありません。より少ない労働人口で、より多くのリタイア世代を支えなければかつての豊かさを維持できません。また、国外のマーケットに目を向ければ、デジタル化とグローバル化が急速に進行し、かつての日本の製造業が謳歌した海外成功モデルの転換なくして、生き残ることができない状況にあります。

こうした中で、大学で培われた知がより直接的な形で社会に貢献することが求められます。JDSCはこうした知の還元をリードし、社会が今の時代にあわせてアップグレードすることを使命としています。わたしたちはAI技術を通じて、企業を、産業を、ひいては日本をアップグレードしていきます。

◆東京大学の知を社会に還元する◆

ビッグデータ、機械学習、IoT、ロボティックスなど、デジタル領域で東京大学は膨大な知見を有しています。これらの領域での技術革新と活用推進のため、東京大学の複数の研究室と協力し、JDSCは知の社会還元と実装をリードします。
また東京大学エッジキャピタルを株主に加え、大学とのより強力なパートナーシップを推進していきます。

How we do

◆メンバー
優秀な経営陣( https://jdsc.ai/team/ )と経験豊富で頭の回転が速いメンバーが揃う少数精鋭のチームです。多種多様なアイデアと地に足ついた実現方法の提案、また高い技術力によるその具現化が可能であり、アイデアとロジックの両立ができる非常に優秀なチームだと自負しています。
それぞれの分野でのプロフェッショナルがチームを作り、切磋琢磨しながら迅速に業務を行うことで、高度なソリューション提供のみならず、自身の成長をも可能な環境を作り出しています。

◆カルチャー
メンバーが能力を発揮することに非常にポジティブで、社外社内ともにパフォーマンスのためならそのための環境を用意する文化があります。
企業の成長と個人の成長をリンクさせる制度のほか、外部トレーニング出席や書籍購入等、必要だと認められるものは、かなり幅広い分野で会社から提供しています。

◆働く環境
事業内容や東大発ベンチャーということで堅く見られがちですが、上下関係のない雰囲気のなかで楽しく働いています!月2回のフライデーナイトなど、オフィス内外の関係者と広くカジュアルに交流する時間も設けています。
またフレックスやリモート勤務の導入もしており、個人の成果を最大限にするための制度にも意欲的に取り組んでいます。

As a new team member

▼具体的な業務内容
今後の事業・組織拡大や従業員増加に対応するため、まずはアカウントオン/オフボーディング、端末のキッティング、外部業者との調整、ITサービスデスクの対応等を行っていただくコーポレートITメンバーを募集します。
また、ご経験・ご要望に応じて、コーポレートセキュリティ(ガバナンス/アーキテクチャ/オペレーション/エンジニア)、コーポレートエンジニア(自動化/インフラ)の領域を徐々にお任せしていきます。

▼システム環境
グループウェア:Google Workspace、M365
統合認証基盤・セキュリティ:AzureAD、Intune、ABM、EDR、CASB
ITサービスマネジメント:Jira Service Management
インフラ:GCP、Azure、AWS
ソースコード管理:GitHub
プロジェクト管理:Jira Software
情報共有ツール:slack, Confluence, box
勤怠管理・WF:Teamspirit(Salesforceプラットフォーム)
端末:Windows・Mac混在

【必須スキル】
・コーポレートITの経験又は同等の知識・技術
・ITサポート実施上のコミュニケーションスキル
・手順書等のドキュメント読込・作成・更新能力

【歓迎スキル】
・API、バッチ、ジョブスケジューラ等による各種システムの連携・自動化の経験
・ゼロトラストベースのフルクラウド型セキュリティ環境の構築・運用経験
・パブリッククラウド(GCP、AWS、Azure)の利用経験
・ISMS/PMS等のマネジメントシステムの構築・運用経験
・ベンチャー企業の経験

◆ メンバーの多様性について
- Google、SONY、ソフトバンク、KDDI、リクルート、NTT、楽天、PKSHAなど、多様な出身企業
- 外国籍の開発メンバー
- 育児中の開発メンバー等への各種支援
- 新卒採用/学生インターン

◆ 開発体制/環境について
(1)エンジニアの裁量
 - OS やエディタなど開発環境はslackで申請をしたら好きなものを使うことができる
 - プロジェクト実装前から、開発メンバーが参画しており、ただ開発をするだけ、という環境ではない
 - タスクの見積もりは、実装を担当するメンバーが中心となって行う
 - スケジュール管理は、途中経過を確認しながら、柔軟に調整する形で行う(顧客都合はあり)
 - プロダクトの開発言語やフレームワークなど主要な構成技術は、基本的に最新版より1年以上ビハインドしないようにしている
- 希望する方は企画から関われます

(2)コード力向上の取り組み
 - 本番にデプロイされるコードには、全てコードレビューまたはペアプログラミングを実施している
 - 「リファクタリングは随時行われるべき」という価値観をメンバー全員が共有しており、日常的に実施している
 - 何らかのコーディング規約をチーム全体で遵守するようにしている

(3)アジャイル状況
 - 1ヶ月以下の短い期間でのイテレーション開発を実践している
 - デイリーでスタンドアップミーティング、またはそれに準じるチーム内の打ち合わせを行っている
 - イテレーションの最後などに、定期的にチームでふりかえりミーティングを行っている

(4)ワークフローについて
 - 全てのコードをGitHubで管理している
 - 各メンバーが実装したコードのマージは Pull Request ベースで行われる
 - コードによるインフラ構成管理(Infrastructure as Code)の環境が整備されている

(5)情報共有について
 - 開発に必要な資料やデータは、プロジェクト内では全て見ることができます。
 - slackを導入しており、チームのためのチャットルームがある
 - Confluence、docks、またナレッジシェア系のツールを使って共有をしている

(6)技術カルチャー
 - 現在CTOは不在ですが、標準化委員会がある。プロジェクト横断で管理をしている
 - 人事評価にエンジニアが関わっている
 - 毎週エンジニア勉強会を実施している
 - UI/UXや、バックエンド・AIなどの知識も学べます

熱門文章

「PM経験は立派な武器になる」元総合商社の情シスが、JDSCを経て目指す夢とは
Google、PKSHAでのソフトウェア開発経験を経て、JDSCでは開発者をエンパワーする側へ。そのキャリア選択の背景に迫る!
10年以上フリーランスとして活躍してきたエンジニアが、JDSCに社員として飛び込んだ理由とは?
其他用戶唔會知道你對其他公司有興趣
0個推薦
公司詳情
株式会社JDSC
  • 成立於2018/07
  • 有54個成員
  • 獲得超過$1,000,000資金 /
  • 東京都文京区本郷2-38-16 JEI本郷ビル8階
  • 東大発スタートアップに安心でモダンな良いEXを コーポレートIT担当募集!
    株式会社JDSC