1
/
5
社内弁護士_法務コンテンツ監修
中層
於2021-09-03 瀏覽次數 203

弁護士経験を活かし、リーガルテックのマーケティングに携わりたい方募集!

株式会社LegalForce

株式会社LegalForce嘅成員 查看更多

  • 弁護士です。''企業法務領域において革新的なリーガルサービスを提供し、公正で調和した豊かな世界を実現する’’を創業理念に、株式会社LegalForce及び法律事務所ZeLoを創業しました。

    創業期の仲間になっていただける方、ぜひ一緒に新たなリーガルサービスを作って行きたい方、お会いできるのを楽しみにしています!!

  • 東大教養学部卒,同大学院総合文化研究科修士課程修了。
    マッキンゼー日本支社にて3年間コンサルティング業務に携わる。
    日系・外資系の製造業クライアントを中心に、AIやIoTを活用した新規事業戦略の立案から、既存事業の調達費用最適化まで幅広い業務に従事。アナリストから、ジュニアマネージャーまでのロールを経験。
    日本、米国、中国、英国の「働き方」を見聞し、日本のビジネス慣行の遅さ、旧さ、非効率さを痛感。クライアントサービスを超えたインダストリーレベルのインパクトを追求するためLegalForceに参画。
    LeaglForceでは事業開発責任者を経て、2019年7月より最高執行責任者を務める。

  • 新卒では外資系たばこ会社でマーケティングを担当。消費者調査や製品企画を経験した後、たばこ業界として初のLINEアカウントを開設し、その企画・運用に従事。その後LINE株式会社に入社し、広告事業のマーケティングを担当。2019年8月に株式会社LegalForceへマーケティング担当として入社、現職。

  • Aiko Karasawa
    法務開発、コンプライアンスマネージャー⇒マーケティング

Why we do

創業メンバーは元森・濱田松本法律事務所出身の弁護士、小笠原・角田。
二人は法律事務所所属時代、優秀な法務部員や弁護士が一日の大半を契約書レビュー業務に費やし、それでも終わらずに過労状態に陥っている現状を目の当たりにしました。

日本の企業法務の実践にテクノロジーを導入することで、大きく改善する余地があるのではないか?
テクノロジーを導入することで、より高度な法的課題にチャレンジし経営により貢献することができるようになるのではないか?その思いで弁護士事務所を飛び出し独立し、自らリーガルテックのサービスを創ることに挑戦をしました。

ミッションは「全ての契約リスクを制御可能にする」。
契約書というビジネスにおける必要不可欠な領域においてサービス提供をしていくこと、そして法務プロフェッショナルの皆さんにテクノロジーを通じて日々の業務の効率化や法務サービスの洗練を実現するために、LegalForceは日々サービスの改善に励んでいます。

熱門文章

【LegalForce調査レポート】約8割が「DXは進んでいない」と回答
契約書書類をPDF化して「LegalForceキャビネ」にアップロード 「LegalForceキャビネ スキャンプラス」提供開始
非営利団体の法務支援を行う弁護士ネットワーク「BLP-Network」へ AI契約審査プラットフォーム「LegalForce」提供開始
其他用戶唔會知道你對其他公司有興趣
7個推薦
公司詳情
株式会社LegalForce
  • 成立於2017/04
  • 有338個成員
  • 獲得超過$1,000,000資金 /
    在Techcrunch上推廣 /
    獲得超過$300,000資金 /
  • 東京都江東区豊洲3-2-20 豊洲フロント6階
  • 弁護士経験を活かし、リーガルテックのマーケティングに携わりたい方募集!
    株式会社LegalForce