This page is intended for users in Hong Kong(Chinese (Traditional)). Go to the page for users in United States.
中級職位
架構工程師
於2017-04-04 瀏覽次數 2,566

日本初、世界を目指すnanaでインフラ・DevOpsエンジニアを大募集!

株式会社nana music

株式会社nana music嘅成員 查看更多

  • 1985年10月31日生まれ。兵庫県神戸市出身。
    2006年神戸高専機械工学科卒業。学生時代に独学で歌を学び、敬愛するStevie Wonderを目標にシンガーを目指す。卒業後は歌とは遠く離れた別の道を歩むも、音楽への想いは尽きることなく、より良い音楽の在り方を求めて2011年にnanaを創業。2013年4月株式会社nana musicを設立し、代表取締役社長に就任

What we do

  • 音で人と人がつながる音楽コラボアプリ「nana」
  • スマホ一つで、いつでもどこでも音を通じて表現し、ユーザー同士が共創していく。そうした“創造の連鎖”は、すでに全世界100カ国、700万人以上のユーザーへ広がっています。

nana musicは、歌声や楽器演奏を録音/投稿できる音楽コラボアプリ「nana」を開発・運営しています。
https://nana-music.com/

【音で人と人がつながる音楽コラボアプリ「nana」】
『nana』では、ユーザーの投稿した歌や伴奏に、他のユーザーが別のパートを重ね、音を介した「コラボ」が生まれています。最近では、セリフを読む人と台本を考える人がコラボし、劇のようなストーリーを演じる「声劇」といった遊びも、ユーザー自らが発明してくれています。

楽譜が読めない、楽器が弾けない、歌が苦手。そんなことは「nana」を楽しむ上でまったく関係ありません。私たちがつくりたいのは誰もが音による表現を楽しめる場所。もちろん「nana」にはプロを目指し、技術を磨いている人たちもいます。でも、歌や演奏の上手さを問わず共通しているのは、「音楽が楽しい!」や「表現が好き!」というシンプルな気持ちです。

スマホ一つで、いつでもどこでも音を通じて表現し、ユーザー同士が共創していく。そうした“創造の連鎖”は、すでに全世界100カ国、700万人以上のユーザーへ広がっています。

Why we do

  • nana musicは表現の敷居を下げ、誰もが安心して創造力を解放し、誰かとつながれる場をつくりたい。
  • 人々が、他者を理解し、多様性を尊重し、そして感受性豊かに、心に響くものを生み出せるようになる。そんな仕組み、サービスを、私たちはつくりたいと考えています。

人は誰もが、ほんのちょっとの創造力、ほんのちょっとの発想、アイデアで、たくさんの楽しさを生み出す力を持っています。

けれど「自分はそんなクリエイティブな人間じゃない」と思っている人も多いかもしれません。

だからこそ、nana musicは表現の敷居を下げ、誰もが安心して創造力を解放し、誰かとつながれる場をつくりたい。そこで、真剣にクリエイションに打ち込む人が報われる機会を届けたい。それによって、一人ひとりの人生がより豊かになると信じているから。

人々が、他者を理解し、多様性を尊重し、そして感受性豊かに、心に響くものを生み出せるようになる。そんな仕組み、サービスを、私たちはつくりたいと考えています。

How we do

  • 代表の文原です。「自分のゴールは”nana”っていうサービスを広げたいんだよね、広げるためには一番何が近道で、何が最適なのか考えた方がいいのではないか。」
  • iOS、Androidでのアプリ開発、Webサービスの開発、マーケティング、ユーザーサポート、オフラインイベントの企画など、「インターネット」や「表現」「コミュニティ」といった言葉に興味のある方なら、幅広く活躍できる場です。

文原「自分のゴールは“nana”っていうサービスを広げたいんだよね、広げるためには一番何が近道で、何が最適なのか考えた方がいいのではないか。」

サービス・ユーザーファーストの視点でリリースから最善の決断をし続けてゆくこと。

そして、自分ができない領域において、最良のチームを作り課題を解決してゆくこと。

リリースから、資金調達、M&Aを経て、新たなステージへ向かう「nana music」。誰もが表現を楽しめる世界を目指して、nana musicでは3つのバリューを掲げています。

【nana musicが大切にする3つのバリュー】
“Keep Surprising”(驚かせ続けよう)
ユーザーに、そして社会全体に対しても、どうすれば「WOW」を届けられるか。「なるほど」「その手があったか」「なんでこんなこと思いつかなかったんだろう」これらの言葉はみな、私たちの大好きな言葉です。みんなに驚きを届けるために考え抜き、最高のプロダクトを生み出せるまで、妥協しません。

“Try First”(まずは試してみよう )
私たちは議論よりも実験を重視します。実証があれば、柔軟に戦略を変更します。まずは小さくやってみよう。実験を積み重ねた回数と、チームとしての強さは比例すると考えています。

“Respect Mutually”(お互いを尊敬しよう)
数字やロジックはとても大切ですが、あくまでも材料にしか過ぎません。その材料をどう調理するかは個々の主観次第なので、主観のぶつけ合いは大いに結構。ただしそこには、お互いの尊敬、尊重が必須です。互いを尊重し、その上で忌憚なき意見を言い合えるチームであることを、私たちは大切にします。

【音楽が得意な人じゃないとダメ?】
「nana」は音楽のサービスですが、決して歌が好きな人や楽器の弾ける人を求めているわけではありません。音楽は普遍的なものであり、生活の一部であり、特別なものではないからです。

iOS、Androidでのアプリ開発、Webサービスの開発、マーケティング、ユーザーサポート、オフラインイベントの企画など、「インターネット」や「表現」「コミュニティ」といった言葉に興味のある方なら、幅広く活躍できる場です。

皆さまからのご応募をお待ちしております!

<最新のニュースリリースはこちら>

■ 音楽コラボアプリ「nana」 Google Play ベスト オブ 2019 ユーザー投票部門優秀賞受賞!
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000069.000011341.html

■ みんなと同じ空間で歌や演奏が楽しめる新たなライブ配信機能「nanaパーティー」の提供を開始!登録ユーザー数も800万人を突破
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000063.000011341.html

■ 代表 文原 明臣 2017年にnana musicをDMM.comにバイアウトし、グループにジョイン
https://00m.in/m48cR

■ 代表 文原 明臣 「逆境で大切になる「あきらめたくない」という気持ち」
https://amp.review/2017/06/12/nanamusic/

As a new team member

 サービスと組織の拡大に伴い、インフラの高負荷対策を行なうため、開発チームと協力して環境構築・運用の中心を担ってくれるインフラエンジニアを募集します。またインフラだけでなく、開発生産性向上のためAWSを利用したDevOpsも担ってくれる方歓迎です!

《募集条件》
・AWSにおける負荷分散環境の設計、構築、運用経験
・AWSの主要サービスにおいて適切な設定ができる知識
・DevOpsを実現するための仕組み作りができる知識 (Vagrant, Ansible, Docker等の知識)

《歓迎スキル》
・コストへの意識がありコスト削減提案ができる
・新技術やAWS新サービスへの感度が高く、それらを利用した改善提案ができる
・運用・監視の結果からスケールアップ、スケールアウトの提案ができる
・大規模サービス(数百万ユーザー)の運用経験
・DevOpsの経験
・負荷試験の経験
・シェルスクリプトでのプログラミング経験

熱門文章

“共創”する人の遊び場をつくりたい。nana musicが「Everyone is a Co-Creator」を掲げる理由。
「声」のつながりは、一生のつながりになった。学生起業を経て、nana musicを選んだエンジニアの思い。
「マネタイズを理由にユーザーの居場所を無くしたくない」ーー“経営もわかるデザイナー”を志す理由。
其他用戶唔會知道你對其他公司有興趣
7個推薦
公司詳情
株式会社nana music
  • 成立於2013/04
  • 有25個成員
  • 在Techcrunch上推廣 /
    獲得超過$1,000,000資金 /
  • 東京都渋谷区宇田川町14-13 宇田川町ビルディング5階
  • 日本初、世界を目指すnanaでインフラ・DevOpsエンジニアを大募集!
    株式会社nana music