1
/
5
This page is intended for users in Hong Kong(Chinese (Traditional)). Go to the page for users in United States.
株式会社カラダノート

カラダノートメンバー紹介

Latest
最新文章

一番の良さは、「人」と「成長」──未経験若手社員がカラダノートで働くやりがい

2021年度に新卒採用をスタートさせる株式会社カラダノート。創業10年ほどは、事業や社風とのマッチングのしやすさ、専門的な経験のある人材、事業のメインターゲットである育児期のママなどを中心に採用活動をしてきました。今回は採用フェーズの変化にあたり、当社で活躍する若手社員が、そのやりがいを語ります。 経験豊富な中途...

一つひとつ身につけ、武器を増やしたい――未経験から広報に挑戦して見えたキャリア像

ひとつの職種を極めていくこともすばらしいキャリア形成ですが、複数の職種にトライし、幅を広げていくことも、個人や会社の成長、発展を大きく助けます。今回は、短期間のうちにさまざまな職種を経験し、2019年3月現在は広報として挑戦を続ける近藤真実の苦悩の日々や、仕事にかける想いをお伝えします。 未経験から1年で、「...

きっかけは育児期の閉塞感。キャリアアップにつながった働く価値観の変化

出産や育児を経験すると、それまでとの環境の違いから、人生観や労働観が変化する人は少なくありません。妊娠を機に前職を退職し、株式会社カラダノートで復職した岡本生恵もそのひとり。母になったことでまたひとつ価値観や視野が広がり、育児に仕事にまい進する彼女の考え方を紹介します。 「このままでいいのか……」周りに流され...

「自分の名前で仕事ができる人材」に。今が修行のとき――取締役CFO・平岡晃の決意

未経験の分野に挑戦するときや、自分の意思で何かを決断するときに、人は成長する。2018年度から株式会社カラダノートの取締役CFOとなった平岡晃は、そう考え、自分自身のキャリアにおいてそれを実践してきました。CFOという新たな役割に挑む平岡には、会社への思いと生き方への高い意識があります。 「自分に投資しろ」と...

目の前の仕事に正面から向き合い、人との繋がりを大切してきた私は、カラダノートで働き、代表佐藤と社会人としての半生を過ごしていました。

シリーズでお届けしている『私がカラダノートで働く理由』。 6人目は、代表の佐藤とは12年の付き合い。カラダノートメンバーのお姉さん、長澤です。 出身 :岩手県花巻市 家族構成 :一人っ子育ち。現在は旦那さんと二人暮らし 好物   :お酒・ヨガ・筋トレ ストレングスファインダー:個別化 横須賀の陸...

妊娠高血圧症で2ヶ月早産した私が、いつの間にかカラダノートのユーザーになって、気づいたら入社していた話

シリーズ『私がカラダノートで働く理由』。 今回はユーザーからママになったCCチームの近藤をご紹介。 世界のこんまり、じゃなくてカラダノートのこんまみです笑。 所属職種:CC(コーポレートコミュニケーション)チーム CS、PRサポート 氏名  :近藤 真実(こんどう まみ) 入社歴 :6ヶ月 出身  :東京都 ...

AIがほとんどのことを代わりにできる時代だからこそ、自分にしかできないことを。僕がカラダノートを選んだ理由

シリーズでお届けしている『私がカラダノートで働く理由』。 2回目の今回は、業務の幅が多岐にわたるコーポレートを取りまとめる部長、平岡をご紹介します。 はじめまして、ひらおかです。  ”静かな情熱を燃やす、32歳のパパ” 所属職種:コーポレート部 部長 氏名  :平岡 晃(ひらおか あきら) 入社歴 :2年目 ...

追蹤者
文章
7
34
關於
カラダノートメンバー紹介
カラダノートで働く中の人を紹介します!
撰文者